コラム

 公開日: 2015-01-27 

自閉症という障害はない ~自閉症の人は心が豊かだという確かな理由~

心無い一言に対して、あの人は無神経な人だなんて言いますが
そもそも神経とは感覚器官です。
神経がなければ感覚も何もわかりません。

つまり無神経とは感覚がないという事ですから
無神経な人は心が無いと言うように
心とは感覚の事であるというのがよくわかります。

私は以前から言ってますよね。
心とは感覚の事であると。

そして感覚があるから心が生まれ
それが感情に繋がり、人の心理を形成してるわけですね。
でなければわざわざ無神経だなんて言い方はしません。

そして自閉症の人はとても繊細で、神経質なように見えます。

神経質という事は神経が過敏なわけですから
神経が過敏とは感覚が過敏という事。
言い方を変えれば感覚が豊富なのだと言えますし
つまりこれは、自閉症の人はとても心が豊かだという事なんですね。

実際自閉症の人は
私たちの想像を遥かに超えた感覚(感性)の持ち主であり
想像も及ばない感覚の世界に生きてますから
やはり見た目にはどうしても障害者のように映ってしまうんですね。
(理解出来ないから精神が異常な障害者としてしか映らない)

ほんとは障害者でも何でもありません。
ただ心が豊か過ぎるんです。
感性が我々の想像出来る域を超えてるだけなんです。

私たちはどうしても自分が理解出来ないものは受け入れようとしませんし
異質なものとして排除しようとする傾向があります。

ですが自閉症の人は私たちと何も変わりません。
むしろ私は自閉症であり、皆さんもそれぞれに自閉症があるんですね。
そこに何の変わりもなく、あるのはただ感覚の違いなだけ。

ただその余りの感覚の違いに、私たちの理解が追い付いてないだけなんです。

音楽の分野で素晴らしい才能を持っている。
芸術でもスポーツでも、突出した才能を発揮する。
これも一つの自閉症。
自閉症の症状がそうさせてるんですね。

どれもこれも皆感覚(感性=センス)ではないでしょうか?
それを才能と言ってるだけで、この感覚の違いが才能としてそうさせている。
これが自閉症の実態です。
自閉症とは障害の事ではありません。
ただ人との関わりや生きていく中で、その特徴がある場面では障害となりうるだけ。

自閉症の人の感性は、むしろ私たちの心をもっと豊かにしてくれます。
ぜひ芸術などを通して、自閉症の人の感性に触れてみてください。
きっとその心の豊かさに感動し、私たちより遥かに感性が豊かなのを実感出来るでしょう。

もちろん話はもっともっと奥深いです。
今回はその一部だけを取り上げてお話しました。

自閉症についてはこれからも引き続き
理解を深めて頂けるよう取り組み続けていきますので
どうぞご縁を頂けた際にはよろしくお願い致します。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

ご利用者様のご事情にもよりますが、当日お時間ギリギリになってからの急な予約変更や連絡なしで無断キャンセルをされますと、他のクライエント様のご迷惑になるばか...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
書籍「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇宙の起源にまでさかのぼる時間の仕組み~」出版情報
イメージ

2017年12月1日、新しく書籍を出版させていただきました。書籍名「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇...

著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

上から目線ではなく上から視線で、人とは違った物の見方と捉え方をする

上から目線と言うと、人を見下したような印象があってあまり人から良い印象には思われません。だったら下か...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

心理カウンセリングはなぜ高いと感じるのか? ~悩みやストレスの軽減は必需ではない?~

確かに心理カウンセリングは利用料金が高いイメージがありますがよく考えてみると、美容院・美容室のお値段もそ...

[ 心理カウンセリングについて ]

恋愛上手は頭で考えてしない人

恋愛。それはいつの時代も悩ましい難しい問題です。どうしたら良いのかわからない、心が張り裂けそうな思い...

[ 恋愛・結婚生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ