コラム

 公開日: 2010-11-05 

人間関係の希薄化


最近私が気になってるのは
人間関係が希薄になってるんじゃないかという事。
昔から言われてはいますが、実際に多いと思います。

特にネット社会では如実で
少し自分の気に食わない事があっただけで
その人を避けたり交流を断ったりする人が見受けられます。
時には態度を一変させ、攻撃的になる人もいます。

人間関係ってそんなものでしょうか?

現実の実社会ではもちろん、例えネット上の付き合いであろうと
ちょっとでも自分の嫌な事があれば直ぐに目をそむける
向き合おうとしない姿勢や風潮に、どうも疑問を感じるんですね。

もしこういう交流を続けていると
その内人を信じるという事が出来なくなり
心から信頼の出来る人というのもいなくなってしまいます。
実際このような状態の人は多いのではないでしょうか?

私は問題には向き合いますし、ちょっとした事で逃げたりはしません。
たいていは相手の方が一方的に逃げていきます。
嫌な事があったり気分が悪くなると、直ぐに逃げていくんですね。
(カウンセリングの事や特定の人を指して言ってるのではありませんよ)
ですから私と同じような人と接してると
何か問題が起こった時でも
修正や話し合いなどに物凄く時間がかかるんですね。
逃げずにお互い向き合い、一緒に取り組みますから。

でもこういうのが人間関係ではないでしょうか?

たしかに時間はかかりますが、その代わり
ちょっとやそっとで信頼が揺らいだり
交流を断とうなんて思いもしません。
こうして少しずつ少しずつ時間をかけて築いていくものが
本来の人間関係なのだと、私は思います。

事あるごとに目をそむけてたり逃げてばかりでは
自分の信頼出来る人も出来ないばかりか
誰からも信頼されない人間になってしまいます。
そしてこの連鎖が人間関係の希薄化を招いてるんですね。

これからますます希薄化が進めば
人は他人に興味や関心がなくなり
相手の気持ちを汲む力や、他者の心を見る目を失い
何の思いやりもなく、気遣いの出来ない人間関係
というのが増えていくでしょう。

そこで人は自分一人で諸問題を抱え込み
誰にも相談も出来ず
やがてはうつ病や自殺者が増えていくというのも
ある意味納得の出来る話しではあります。

人間関係に傷が付くのを恐れたり
修復に時間がかかるのが煩わしい、面倒だと感じたりして
誰とも関わらないようにしたり
直ぐ逃げ出したい気持ちもわかりますが
大切な人間関係に向き合わずに逃げ出してしまう事の方が
よっぽど恐ろしい思いをする事になるんです。
表面上の、上辺だけの付き合いがいかに自分を苦しめる事になるか
それは後々わかってきます。
そうなってからでは本当に自分ではどうしよもなくなってしまうんですね。

じゃあ一体どうすればいいのか?

それはいつも私が言ってるように、ぜひご相談ください。
一緒に考えていきましょう。
私との関係も(心理カウンセラーとの関係も)人間関係です。
そして心理カウンセリングの場は
心の安全が保たれる場ですから
安心して人間関係を築ける事が出来ます。
大切な人間関係を築けると
あなたの後の人生が豊かになっていくのがわかります。

もし人間関係でお悩みなら、どうぞ私にご連絡ください。
真剣に、そして温かく、親身になってあなたと向き合っていきます。
私はあなたのお越しをいつでもお待ちしてますからね。


この他にも、いろんな事に計画性がない人も多いと感じるんですが
これはまた別の機会にでも書こうと思います。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ