コラム

 公開日: 2015-05-08 

強迫性障害《接触恐怖》 ~強迫性障害とクセ、自閉症との関連~

自閉症の人は不用意に触られるのを極端に嫌います。
なぜだかわかりますか?

実はこの特徴、強迫性障害(潔癖症、洗浄強迫など)と同じ性質のものなんですが
潔癖症や洗浄強迫の人も、同じように人に触れられるのを嫌います。
どうしてでしょうか?

相手が汚らしいとか不潔だからというような
そんな単純な理由ではなく
実は自閉症の症状に根源があるんですね。

自閉症の人が触られるのを嫌う理由。
それは、感覚(触られた感覚)がずっと残ってるから。

もう触ってないのに、ちょっと触れただけなのに
いつまでも触られた感覚が残ってるからなんですね。

つまりずっと触られてるようで気持ち悪いのです。
気持ち悪い感覚がずっと残ってるわけ。

これが洗浄強迫の場合は、この気持ち悪い感覚を拭うべく
ずっと手を洗い続けたりしますし
潔癖症にしても嫌な感覚として自分の中に残りますから
人との接触を避けようとするのです。

実際相手が本当に不潔かどうか
衛生的かどうかで拒否反応を起こすわけではありません。

潔癖症や洗浄強迫は相手が限定的だったりするのに対し
この感覚がもっと行き過ぎたのが自閉症の症状で
自閉症の場合はパニック(癇癪)を起こして収拾がつかなくなり
突然暴れ始めても原因がわからず
周りもどうしたらいいのかわからなくなるのが特徴です。

自閉症と洗浄強迫。
どうして区別して扱うのか私にはわかりませんが
私の言う自閉症とは、こう解釈していいかもしれません。

例えば洗浄強迫や人が持つ癖などは
全て根源が自閉症から来るものであり
後はそれぞれその特徴の強さ(程度)で呼び方が異なり
区別されてるだけだという事。

例えば心理学と一口に言っても
○○心理学や××心理学などいろんな心理学があるように
洗浄強迫や潔癖症も、元はどれも自閉症であり
全ては自閉症の特徴から来ている症状だと言えます。
違うのはその程度の違いなだけ。

ですから自閉症の特徴を紐解けば
人の言動や性格といった、人の心理そのものの解明に繋がるという事ですね。

接触恐怖もその一つで
接触恐怖は強迫性障害の一つだと言っていいでしょう。
そしてその元は、やはり自閉症の特徴から来てるわけです。

これは先程述べました、人との接触を嫌う理由からもわかるように
その感覚が自閉症のものと同質であるからです。
後はその程度の違いによって
接触恐怖や強迫性障害、自閉症などと呼び方が変わるだけです。

しかしながらその特徴が持つ苦しみはどれも変わらず
例え呼び方が変わったところで
苦しみを拭い去るのは容易ではありません。

だからこそここをサポートし
支えていくのが心理カウンセリングなのです。

例え苦しみはなくならなくても、軽減する事は可能です。
心理カウンセラーの支え、そして何より人と一緒に生きる事が
苦しみの軽減に繋がります。

不安や苦しみに怯えながら毎日を過ごしてらっしゃる方は
ぜひ心理カウンセリングを受けてみてください。
私がサポート致しますから
共に生きるという選択肢で、心の負担を軽減していきましょう。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ