コラム

 公開日: 2015-06-21 

宇宙の深層解明!見えて来た宇宙の構造と人間心理 ~宇宙と心。見えないものに光を当てる究極の理論~

宇宙には何もない(銀河が存在しない)とされる領域
ボイドと呼ばれる領域があると言われてますが
宇宙の殆どの割合を占めるダークマター、ダークエネルギーとの関連も含め
故に、ボイドは何も観測出来ない領域だとします。

だとすると、ボイドとはどういう領域なのかを考えた場合
実際(我々の観測地点から)は遠い領域
あるいは“次元的に深い”と言えるのかもしれません。

宇宙でいうところの次元とは
私たちが紙に描いた図や平面を立体的に見て下(下方)だと思ってるような概念ではなく
(例えば船などが沈むと言うと、一般的には下に沈むものと認識している)
単に深いと言っても下に深いわけではないので
“次元的に深い”のでは?と私は表現しました。

私たちは一切光がなければ何も見えませんが
光があり過ぎてもまた何も見えません。

しかしそこには何も無いのではなく、存在はしている。

光もまたバランスであり
見えるか見えないかは私たちの感覚(視覚)が認識出来るかどうかの判断をしてるだけで
認識出来なければ存在してない(何も無い)ように思い込んでますが
光の量のその丁度バランスの良い調和の取れた時になって、ようやくその存在を確認出来るわけです。

今までわからなかった事がわかった時など
明らかになったとか解明したなんて言いますよね。
光のバランスが取れて認識出来た、明るくなったから確認出来るようになったというわけです。

一見何も無いように思えても
そこには何も無いのではなく、ただ見えないだけで存在はしている。

そして見えるようになった時にようやく存在を確認出来るから
そこに何かある、存在していると認識するわけですね。
ほんとは最初からそこに在るんです。

見える見えないという言葉も言い方を変えれば
観測出来た、出来ないという様に言えます。

つまりボイドや暗黒物質・エネルギーというのも
ただ観測出来ないだけでそこには何かが存在してるんですね。
何も無いのではなく、“無”という状態が存在しているのです。
“無”は何も無いのではありません。

さて、私の言う次元的に深いとはどういう事かと言いますと
宇宙は平面ではなく次元で構成されてますから
平面的に見れば何も無いようなところでも
次元として見ればその地点は周りの空間より遠い(深い)という事が言えます。

ブラックホールなんかを想像してみればわかりやすいと思いますが
ブラックホールは何も下に向かって深いのではありません。

見方を変えれば
その地点そのものが収縮、または圧縮されていると考えた場合
下に向かって凹んでたり穴が開いてるような構造ではない事は容易にわかります。

だから私は遠い、深いと表現したわけですね。

ですから遠ければ遠いほど、深ければ深いほど光は届きませんし
光のないところでは何も見えない=観測も出来ないというわけです。

ただ先程も申しましたように見えないだけで何も無いのではなく
そこには何かが在る。
観測出来ないから何が在るかわかりませんが
そこに何か存在してるんですね。

正直打ち明けますが
私の考えるブラックホールの深層には無の状態が在り(広がっている)
更なる深層(別次元)には、いわゆる並行宇宙と言われるような別の宇宙が存在すると考えます。
そしてその宇宙は幾つも存在します。

ちなみに深層と言っても奥深くとか下方といった概念ではありませんので
言葉で表現するには余りにも困難ですから
単にわかりやすく別次元と表現しました。

ブラックホールの深層には別の宇宙が在ると言いましたが
どんな方法を持ち得たとしても
今の私たちを形成してるような、人間を人間たらしめているような性質を保ったまま
その別の宇宙に行く事は出来ません。

そもそもそんな別次元に行きたい、別世界で生きてみたいなんて考える事自体が無意味なんですね。

もちろんこれらは皆仮説ではありますが
これは私の中で筋の通る、納得のいく説明をする事が出来ますし
正解を必要としない相対性心理学においてはこれで十分
かつ結論、答えとして立派に成立するのです。

何せこの理論を正しく理解していけば
自分の心がどんどん豊かになっていくのを実感出来るのですから。
(相対性心理学はあくまで心理学ですから
正しいかどうかは重要ではなく、そんなところに主眼を置いてない)

私は既にこの理論から、独自の理論である“相対性心理学”を用いて
かなりの分野に及ぶ、今まで謎とされて来た謎を解明するに至っております。

話は逸脱してしまいましたが
ボイドや暗黒物質の話は長くなるのでまた別の機会にするとして
このように私たちが見えない、わからないと思ってるような事でも
そこに何も無いと考えるのではなく、何かあるんだと思って向き合ってみれば
そこに意味が生まれますし、なぜそうなるのか?も見えて来るでしょう。

見えないと思ってるところに、“意味”という光を当ててやるわけですね。

すると人生にも光が見えて来ますし
光に当たれば人生が輝き始めます。

そうです、今まではただ見えてなかっただけで
光が当たってなかっただけで
あなたはちゃんと存在してるのです。

人生に意味を見出す、意味という光を当ててやる。
これこそまさに相対性心理学の真髄なんですね。

宇宙(物理)と心理学が融合した相対性心理学。

あなたもぜひ自分の人生に光を当てて
そして輝かせていきましょう。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ