コラム

 公開日: 2010-11-16 

大人と子供では受け入れる能力が違う


心理カウンセリングには認知療法というのがあるんですが
例えば他人に何かを言われたり指摘された時
大人は認められるが
子供はわかってても認められないんですね。
素直に受け入れられないんです。

だから大人は、言う事を聞かない子に対して
つい感情的になってしまいがちですが
気づいてるか気づいてないかは別として
子供も本当はわかってるのです。
ただその事を、自分の中で納得出来ない
噛み砕いて受け入れられないだけなんですね。

それはまだ、頭で理解できる程の成長をしていないからです。
幼ければ幼いほど
いくら大人が事の正しさを説いてみたところで
どうしても子供は感情の方が優位になってしまいます。
判断能力が未成熟で、大人の言ってる事が理解できずに
頭が混乱しているからです。
人間的に未熟だと言ってるのではありません。

それでも無理に説き伏せ続けようとした場合
子はますます混乱し
ついにはヒステリックになってしまうんですね。

むしろ、何でもすんなり受け入れてるような子の場合
その子の将来は怖いですよ?
まるで機械人形のように無感情で
何を考えてるのかもわからない人間になり
やがて何かのキッカケで突然爆発してしまいます。

いわゆる、良い子、おとなしい子といわれるような子が
突然キレる状態です。

感情の行き場がわからず、コントロール出来ずに
思うがままに暴れてしまうんです。
自分でも収拾がつかなくなってしまうんですね。
(ただし、同じような内容でも
発達障害の子に関してはまた話しが違ってきます)

このようにして、大人が子を無理やり従わせようとするのは
間違いであり危険でもあるのですが
大人同士のコミュニケーションでも同様です。
相手を従わせるという事は支配です。

どんな立場のどんな関係であれ
相手の自主性を尊重して付き合わなければ
いずれはどこかで、自分自身が人間関係でつまずく事になるんですね。

今の環境に守られて、その環境の中にいる内はいいのですが
ひとたびその環境から離れると
今までの対応の仕方では通用しません。
その中でつらい思いやしんどい思いをするのは
結局は全て自分なんです。

相手にしてきた事は、いずれ自分に返ってくるとは
つまりこういう事なんですね。
内弁慶だったり八方美人というのは
世の中には通じませんし、自分を傷つけるだけです。
他人はちゃんとあなたを見ています。

話しは戻りますが
子供はわかってても認められないというのは
おわかりいただけたと思います。
では大人なら何でもわかってるかといえばそうではありません。
大人もわからない事だらけの中で生きています。

子育てをした事のない人に子育ての苦労を話しても
ある程度の理解や事情は伝わっても
実際の苦労まではなかなか伝わりにくいですよね。
いくら成長して理解出来る能力は備わったとしても
わからない事、つまり見えていない部分には理解のしようもありません。

そこで大きな効果を発揮するのが認知療法です。
いわゆる心理カウンセリングですね。
療法と聞くと、どうしても病気の治療のように捉えられがちですが
実はそうではありません。
認知療法では、相手のわからなかった部分が見えてくるばかりか
自分の中のわからなかった部分でさえ見えてくるんですね。

人間わからない事には対処のしようもありませんが
一旦わかってしまうと、次に何をしたらいいのか
どうしていったら上手くいくのかを考える事が出来ます。
他人や自分、物事を知る事によって
ようやく前を向いて進む事が出来るんですね。

つまり、人に優しく、自分にも優しい
人間が生きて行く中で理に適った、非常に素晴らしい療法といえます。
それが心理カウンセリングなんです。
決して心が病んでる人が受けるというようなものではありません。

実際心理カウンセリングを受けてらっしゃる方々には
一般的な日常生活を送ってる人が多いですよ。
平気で人を騙したり裏切ったりして何とも思わないような人たちの方が
よっぽど心が病んでると思います。

心理カウンセリングは、人生にはもちろん
日常生活にも活かせますので
現在お悩みであったり、自分を見失いそうな方は
ぜひ一度心理カウンセリングを体験してみてくださいね。
今まで見えていなかった悩みの原因に
きっと気づくと思いますよ。



ご意見ご感想を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ