コラム

 公開日: 2015-07-11 

《時間の本質》アインシュタインの遺言 ~相対性理論で言いたかった事とは~

時間と言えば、一般的には歴史(時系列の事)みたいに思われてるかもしれませんが
時間と時系列とは違います。

時系列はあくまで時系列であり、これまでは時間と時系列は同じ概念だと思われてましたが
本来時間には歴史のような過去も未来もありません。

では時間とは何なのでしょうか?

時間とはどこかに向かって進んでるのでも流れてるのでもなく
今ある状態そのものの事。
過去でも未来でもない、今ある状態。

確か以前どこかで、宇宙の始まりと終わりは同じであると言ったように思いますが
宇宙に始まりも終わりもありません。
全ては同時なのです。

同じ瞬間に同じものが存在し、そして消滅してはまた存在してを繰り返す。
ただ同じものではあっても、存在している次元が違うだけ。

実は宇宙というかこの世の仕組み(構造)がどうなってるのかを非常にわかりやすく
ピッタリと一言で表現出来るものを発見したのですが
時間の概念や宇宙の仕組みは
言うなれば“合わせ鏡”のような原理で構成されていると言えます。

合わせ鏡の中の世界は
どこが始まりでどこが終わりというような基準はなく
同じものがどこまでも連続して続く不思議な世界です。(無限)
そしてその同じものは同時に存在し
唯一違うといえばこことあそこという次元の違いなだけ。

これが別次元(あるいは並行宇宙など)と言われるものであり
合わせ鏡の中ではずっと同じ現象が繰り返されているのです。

つまりこの宇宙は合わせ鏡の原理で構成されており
時間の概念も然り、どこからが始まりでどこまでが終わりなんてものはなく
全ては同時であり、ただ同じ現象が延々とひたすら続いてるだけで
これが仏教で言うところの輪廻の思想であり
(他にも永劫回帰やウロボロスの蛇などと言われるもの)
歴史は繰り返すと言われる所以にもなってるんですね。

そしてこの連なりこそが時系列であって
私たちは今までこの時系列の事を時間そのものだと思い込み
まるでどこかに向かって流れてるようだから
時間は未来へ向かって進んだり過去に流れていくものだと思ってたわけです。

しかしテレビなどの動画を考えてもらえば更にわかりやすいと思いますが
動画の1枚1枚は静止画像で構成されており
その静止画を連続して映し続ける事によって
実際は動いてない(止まってる)ものでも一連の動きとして見えています。

ただ動いてるように見えてるだけですから
動画を止めれば動きは止まりますし(1枚の静止画、一コマになる)
連続して映せばまた一連の動きになるんですね。

この原理こそが時間の本質だったのです。

ですから時間とは、動く事によって生まれるものであり
止まってしまう事もあれば(無の状態になる)、常に流れ続けてるのではありません。

流れ続けてるのは時系列であって
単に動画を再生している状態(変化の連続)だという事です。
ちょうど仏教やキリスト教でも、生まれ変わる事を再生と言ったりしますし
時間的な動きの表現として、再び生まれる(動き出す、動きが生まれる)と言ってたんですね。
つまり私とは別の表現で時間の概念を説いてたわけです。

合わせ鏡の中はあっちもこっちも同時に存在してますし
どこが始まりでどこが終わりという事もなく
ただ同じ現象が延々とひたすら続いてるだけです。
(無の空間では何も動いてないので、時間そのものが存在しない)

かなり難解な説明だったと思いますが
これで少しは時間の概念がお分かり頂けましたでしょうか?

合わせ鏡の中のあっちの世界やこっちの世界は
別世界ではあるけど同じ状態で存在していて、あっちもこっちも相対的。
これがアインシュタインが相対性理論で言いたかった事だったのかもしれません。
(話の構成上無理やり取ってつけただけなので、アインシュタインの真意は定かではない)

ですからどこに行ってもどこまで行っても今は今でしかなく(現時点)
どっちが未来でどっちが過去なんて概念もなければ
私たちは今まで気づいてなかっただけで、これが時間の本質(本来の構造)だったのです。

この新たな時間の概念については、これまでにも“超ゴム理論”で述べて来ましたが
今回は時間の概念を見事に言い表せる表現方法として
合わせ鏡の原理に例えて説明いたしました。

時間の概念がわかったところでどうなるものではありませんが
私がここから言いたいのは
時間の概念を正しく理解すれば、人生が有意義なものに変わるという事。

科学の発展に繋げる事も出来れば
今はまだ何かわからない、もっと大きな何かを発見する事も出来るでしょうし
人生とは何なのか、人生観を見直すキッカケにもなり
今あるこの一瞬一瞬を無駄に過ごす事もなくなるかもしれませんね。

物事は表面的な事だけを捉えるのではなく、本質に目を向けて捉えれば
芯のブレない悩みに振り回されない
ドッシリと腰を据えた生き方が出来るようになるかもしれません。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ