コラム

 公開日: 2015-09-12 

茨城、鬼怒川で起きた大水害に学ぶ ~畏れを知らぬ者は自らの力に溺れる~

10日に茨城で起きた鬼怒川の決壊による自然災害ですが(11日には宮城でも)
まるで東日本大震災の津波を思わせるような被害規模で大変ショックを受けました。

救助の様子など見てたところでどうする事も出来ず
ただもどかしいばかりで見守るしかなく、行方不明者の続出など尊い人命が失われた事には悲しみしかありません。
またあのような自然の脅威にさらされるとは。

被災された方のご無事を祈ります。

未だ復興を遂げられずにいる東日本大震災から4年半が経ちましたが、およそ人間は自然に対して傲慢なんですね。
あの被災体験は何だったのか、ちっとも反省してないし教訓を活かそうとしない。

恐れ多くも自然をコントロール(支配)しようだなんて甚だしく
原発の再稼働にしても自分たちでコントロール出来ないようなものを目先の利益のために動かし
自然に対する畏れや感謝を忘れてしまっています。

果たして人間の評価レベル(安全基準)なんて大自然に通じるとでも思ってるのでしょうか。

私たち人間も自然の一部。
人間だけが自然に抗って生きる事など出来ません。
いくら文明が進んでも人間ごときが宇宙規模の事象に為す術などないのですから。

自然は自然に感謝してこそ私たちに恩恵を与えてくれるんですね。(自然の恵みにあやかれる)

これは人間関係でも同じ。
誰が自分にとって害をなすものに利益になろうだなんて思うでしょうか。

確かに人間の力や人類が築いて来た文明の力は素晴らしいと思いますよ。
その力を自然との共存の中で活かしていくなら私は大いに結構だと思います。
むしろ人間が持つ知恵の力をどんどん活かして自然に還元していくべきですよ。

だけど自然に対する畏れと感謝を忘れてはいけない。

今回鬼怒川の自然災害でも救助の様子を見てて
いつも訓練されてるはずの救助隊の方でもなかなか思うようにいってない様子で
ヘリのような負担の大きい方法よりももっと効率良く手早く救出出来るような方法やネットワークの構築を始め
科学技術といった人類の英知をこういった場面で活かせるような技術開発をぜひお願いしたいものです。

その力を軍事目的に使用したり使い方を間違ってはいけません。
でなければ必ず手痛いしっぺ返しを受けてしまう。

私は人間は皆傲慢だと言ってるのではなく
私たちが生きてたらこういう事が普通に起こるんだ、その中で生きているんだという事を忘れずに
常に自然への畏れと感謝を忘れないで己の力を過信せず、傲慢に生きてはいけないんだと言いたいのです。

原発の再稼働にしても教訓を活かさずなりふり構わず、人間の評価基準なんてもので勝手に安全だと判断し
同じ過ちを繰り返すハメになるのは自然に感謝して生きる人間なら目に見えるはずです。

私たちは壮大な宇宙という自然の中に生きてるんだから
自分が一体何様なのかをわきまえなければ、力に自惚れる者はその力によって溺れてしまいます。

常に自然を畏れ、自然に感謝して生きる事。

昔の人はそうして来ましたし、自然の恩恵を受けながら自然と共に共存して来ました。
だからこそ今があり、その事を頭に叩き込んで肝に銘じ、今回の災害からも学んで生きていきましょう。

どうか被災された方や救助に当たる方のご無事と安全を願います。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ