コラム

 公開日: 2015-09-16  最終更新日: 2015-09-21

認知症になるとどうなるのか?認知症の世界を感覚的に知る ~人の記憶の不確実性と認知症問題~

まず基本的に、人は自分が認知してる範囲が世界の全てなんですね。

つまり認知出来る範囲が広ければ広いほど世界は広がり
狭ければ狭いほど世界は狭まるというわけです。

そして認知症になるとこの認知出来る範囲が極端に狭まり
その世界の中が全てであるかのような認識で生きてますから
本人にとってはやってない事はやってませんし、身に覚えがない事を人から言われても理解出来ません。

ですから認知症とは単に記憶力が低下するというよりも
文字通り認知機能の衰え(認知出来る範囲が狭まる事)によって起こる症状なんですね。
その証拠に昔の出来事などはよく憶えています。(物覚えは悪くても記憶力そのものが悪いのではない)

認知症は単なる記憶障害とは違うので自分の意思もしっかりしてますし
暴言など浴びせられたりすると尊厳も傷つきます。

自分が認知症だとわかってたりわかってなかったり人によって様々ですが
基本的に認知症の人の認識してる世界は健常者の感覚と同じだという事。
ただ徐々に認知機能が低下していくので健常者とは捉えられる感覚の範囲が違うだけであって
認知症の人は自分の認知出来る範囲で普通に生活しているのです。

認知機能とは記憶力の事ではなく、五感(感覚の全て)を使って認知する機能の事を言います。
把握力といえばわかりやすいでしょうか。
つまり物事を捉える能力であると言えるでしょう。

だから認知症は機能面以外では健常者と何ら変わらず普通に生活してるわけですが
このように考えていくと、実は健常者も認知症の世界の中で生きてるんですね。

そう、人は自分の認知出来る範囲が世界の全てであり
認知症、健常者問わず、自分の中では無意識に当たり前だと思ってる感覚こそが認知症の世界であり
実は自分は認知症ではないと思ってるだけで、本当は皆さんそれぞれ認知症の世界に生きてるのです。

つまり健常者が自分はまともだと思ってる感覚こそが認知症の人の捉えてる世界だという事。
(認知範囲内の世界)

健常者のように一見記憶がしっかりしてるようでも自分では気づいてないだけで
基本的に人は皆認知症だという事を誰も認知出来てないんですね。

人の記憶とはいかに曖昧で不確実なものであるかがおわかり頂けましたでしょうか。

そしたら健常者が認知してる範囲外にも認知出来てない感覚領域があり(認知外の世界)
この認知出来てる、出来てない感覚領域の違いが個人差を生み、それぞれに人間関係を築いてるわけです。

ですから人は必ずしも自分と同じ世界を見ているのではないという事。

そしてこれは人間には捉える事が困難な世界(認知しきれてない世界)が存在しているという事も示唆しています。

続きは長くなりますので次回にまたいでお話いたします。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ