コラム

 公開日: 2015-09-19 

<続>認知症になるとどうなるのか?認知症の世界を感覚的に知る ~人の記憶の不確実性と認知症問題~

前回は認知症の人の世界観と人の記憶がいかに曖昧なものなのかをお話しました。

今回はその続きで、認知症の感覚と人の記憶の不確実性についてをもう少し詳しく見ていきましょう。

そもそも私たちは目で見て捉えたものが何であるかを把握して対象を認知(認識)しています。
つまり目に飛び込んで来た情報を脳が認知して初めてそこに何かあるとわかるのであって
脳が認知しなければいくらしっかり見ていたとしても、それは何も見ていないのと同じです。
だから同じものを見ていても分かる人と分からない人がいる。

このように実際は脳が認知しきれてなくても目には映ってるはずなのに
脳は目に映るもの全てをいちいち憶えてない事がおわかりでしょうか。
ただ思い出せないだけで(記憶として定着してない)、情報としては脳の中に入ってるわけですね。

そうです、実はここに人間の記憶の曖昧さが隠されていたのです。

視覚に限らず聴覚や触覚など全ての感覚に言える事ですが、認知出来なければそれは何もないのと同じ。
だけど実際には何もないわけではない。

これが前回最初に申しましたように、人は自分が認知してる範囲が世界の全てだという事なんですね。

自分では認知症じゃないと思ってても、人は皆等しく認知症の世界の中で生きているのです。
ただ日常生活にどれくらい支障があるかどうかなだけで、これは程度問題に過ぎません。

実際私がここまで説明しても、私が何を言ってるのかどういう事を言ってるのか脳が認知しなければ
もっと事細かにいくら詳細を説明してもわからない人にはわからないのです。
だからといって頭が悪いわけではありません。
頭の良さ(例えばIQのような知能指数)で言えば皆さんの方がはるかに高いでしょう。

要は脳がどこまで認知出来ているかで自分の世界観や心の豊かさまで大きく変わって来るという事。
そして認知療法などやり方によっては、今より更に世界を広げる事だって可能なんですね。

今見えてるもの(捉えてるもの)が全てではない。

この事実を受け入れられなければこのまま狭い世界の中で生きるだけでしょうし
事実だろうと虚偽だろうと脳に認知させてやれば、いくらでも世界は広がるのです。

いずれにしても自分の人生、生き方に正解なんてありません。

これで認知症や健常者を問わず、人の記憶がいかに曖昧で信憑性の低いものであるかがおわかり頂けたと思いますが
実際アルツハイマーなど病態としての認知症の人がどんな感覚なのかを知る事が出来ましたでしょうか?

認知症と言っても人それぞれ症状が違いますので皆同じではないですが
認知症の実態やわかった事柄を手がかりにすればそこからどう接していけばいいかもわかりますし
人間関係でも相手の感覚を知れば世界観だけでも認めて受け入れる事も出来ますし
自分の人生まで豊かになって来るはずです。
それだけ世界が広がるわけですからね。

心理学や認知療法はこういった社会問題まで改善に繋げられます。

今回は人の記憶と認知症に関する実態の一部のみをお話しただけで
まだまだ詳細についてのご説明も出来ますし、様々な分野に応用発展させて助言なども出来ますが
皆さんそれぞれが考えて向き合っていく事で世の中はきっと今とは違う方向に変わっていくでしょう。
しかし何もわからないまま何もしようとしなければ、このまま何も変わる事もありません。

それは社会問題だけでなく個人の問題でも同じ。
自分の人生をどう生きるか。

それは自分の力で変えていくしかありませんし、その中で人の力に頼る事も必要だと私は思います。

認知症問題に限らず、共に力を合わせて生きていきましょう。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ