コラム

 公開日: 2015-11-15 

女性必見!男のコントロール術 ~男女間の揉め事はどうしていつも平行線なのか~

男の本質は追究と解決、女の本質は共有と共感ですから
互いにパートナーとして支え合う事は出来ても、基本的には相容れないんですね。

女性はただ聴いて欲しいだけなのに何か解決しなければと考えるのが男性なのです。

ほんとはそんな事いらないのに、それを頭ではわかってたとしても
本能的(本質的)にどうしてもそうしてしまうんです。

だから何か話し合いをしようとしてもお互い最初の話し合いの姿勢が異なるため
会話が成立しない(話にならない)事が多いにしてあります。

これは性格の問題というより男女の性質が違うために起こる認識のズレやスレ違いであり
それを相手の性格のせいにしてしまうといつまでも問題が平行線をたどるばかりか
余計問題が複雑にこじれてしまうのです。

ですから男女間で揉めたくなければ
相手に何か求めない事と、相手がどういう人なのか(本質的な個性)を理解する事です。
そしてあまり密に近づき過ぎず、相手との適切な距離感を見極める必要があります。

ただしどちらか一方だけが努力したところでこの溝は埋まる事はありません。

相手が一切聞く耳を持たず努力しようともしないなら
いつまでも引きずらないで改めて関係を見直してみる必要もあるでしょう。
(その際にご相談くだされば心理カウンセリングでサポート致します)

とにかくこうして欲しいと自分の思いを相手に求めない事と
相手を見限れるくらいの強い心を自分が持つ事です。

こういう話をしてると相手と敵対する事が前提のように聞こえますけど
何も最初から相手が目障りのような態度で接するのではなく
やはりお互いが歩み寄って互いに支え合うパートナーとして
より良い関係を築いていく事が理想ですよね。

そのために出来る事として
まず男性は黙ってるのではなく、いつも思ってる事や自分の事についていろいろ相手に発信する事です。
例え感謝してるにしても黙ったままでは相手には伝わりません。
何せ女性は言葉にして言ってくれる事そのものが嬉しいのですから。
(だからといってお喋りになれと言ってるのではありませんよ)

そして女性は話を聴く時は、途中で口を挟んだりしないで相手の話をじっくり聴く事。

確かに男性は話がクドいですが、それは女性と違って会話(表現)が得意ではないからです。
つい威圧的だったり寡黙になってしまうのが男性なんですね。
自分は出来るからと相手も同じように出来ると思ってはいけません。

結局途中で口を挟むから男性は何も言えずに黙り込んでしまうしかなく
これがいつまでも相手を理解出来ずに揉め事になる原因になるのです。

基本的に男女関係においては女性の方が強いので(関係性をコントロールする力)
強いはずの女性が最初から弱腰だと男性は支配的になり(DVやストーカー傾向に)
女性の方が強いからと相手をねじ伏せるような態度で迫ってしまうと男性は口をつぐんでしまい
そのストレスから裏で浮気するなど良からぬ事をしてしまうわけです。

本来男性は物事に一途であり、男性に自分の方を向いて欲しければ
それを上手くコントロールしてやる力が女性には必要です。
(コントロールするといっても支配的という意味ではありませんのでご注意ください)

もちろんこのような理屈が全てではありませんが
そこは各関係それぞれのケースとしてどうしていけば良いのか
心理カウンセリングを通して聴かせて頂きます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

引きこもりやうつ病に有効な、生活リズムと過ごし方に関する対策

今回はうつ病に対してはもちろん引きこもりの方にも有効な生活の過ごし方に関する情報をご紹介致します。そ...

[ 健康・美容・ダイエット ]

感情に左右されず、怒りに限定しない、悩みのマネジメント方法

何か思い悩んでるような時は、あえて何も考えないようにしてみる事が大事です。といっても思い悩んでるんです...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

採用基準のシフトは働き方改革の第一歩

もはやこの時代、これからの時代人事や就職、あるいは入試や資格試験などのシーンにおいて学歴や知能指数によ...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

本当に危険な認知症の症状とは? ~人の心理に起因するものとそうでないものとの違い~

認知症の症状については様々な心配事があると思いますが何が認知症の症状なのか疑わしい時は、次の項目を参考に...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ