コラム

 公開日: 2015-11-28 

宇宙の中の私たち。自分を知ればもっと心が豊かに ~宇宙とは人類が観測出来る範囲の限界でしかない~

今回は人類にとって非常に残念なお知らせがあります。

私自身も今まで目測を誤っていたのですが
私たちはこれまで宇宙に思いを巡らし、その仕組みや構造がどうなってるのかを探って来ました。

未だに解明されない宇宙の謎に挑み続け、その宇宙を想像する事は希望とロマンに満ち溢れ
天体ショーなど身近に楽しむ事も出来れば宇宙は常に私たちの身近に有り
宇宙を感じる事は私たちの心を豊かにしてくれます。

私は最初に残念なお知らせと言いましたが、残念と言ってもガッカリするようなものではなく
脅威の真実に愕然とするような、唖然とするしかないある事実に気づいたのです。

皆さんこれまで私の話や既に判明している宇宙に関する知識を総動員して
今現在考え得る限りの、皆さんが思い描く限界まで“宇宙”を想像してみてください。

この宇宙がどうなってるのか?どんな宇宙なのか?
その仕組みや宇宙の果てについて何でも構いません、しばらく考えてみてください。

よろしいでしょうか?
答えはいりませんけど想像出来る限界まで考えられましたか?

ではここで私が気づいた宇宙の真相について発表しますが
今皆さんが一生懸命想像を張り巡らせて考えた宇宙がありますよね。

実はその宇宙は所詮私たちが観測出来る限界の宇宙であり
言ってみれば“閉じられた中の宇宙”とでも言いましょうか?
私が気づいて残念だと言ったのは、この先いくら科学技術が進歩しても観測出来ないような世界が
実はこの宇宙の外にも広がってるというわけですね。

いや、今皆さんが考えられた宇宙の限界のまだ先にです。
宇宙の果てを超えたその先、概念を超えたまだ先の観測する事もかなわない
私たちの想像の及ばないような、むしろ想像する事しか出来ない“何か”がです。

私たちは宇宙の始まりとか終わりとか、その果てや形などこの宇宙がどうなってるのかを
これまで様々な方法で科学的に解明して来ました。

しかしその宇宙も所詮私たちが存在する閉じられた世界の中の出来事であり
私たちは観測可能な範囲を宇宙と言ってるだけで
後は想像する事しか出来ないような何かがこの宇宙の外にもあるのです。

これはこの先どれだけ科学技術が進歩しても観測(判明)する事は出来ません。
技術的にというよりもそういう事の不可能な世界だからです。
だから後は想像するしか出来ないんですね。

私たちの想像出来る、観測出来る限界の宇宙ですらまだちっぽけな世界。
宇宙なんて言葉ですらその全貌を表現するには生温いようなそんな世界を
これまでもこの先も、一体誰が知り得るというのでしょうか。

そういう意味で私は人類にとって残念なお知らせだと言ったのです。
いくら頑張ってもわからない何かがこの宇宙の先にまだあるんですからね。

そんな今までの努力やロマンを壊してしまうような事に気づいたわけですが
だからといって何も悲観してしまう必要はありません。

決して今までの努力は水の泡というわけではなく
この先も宇宙に思いを馳せて観測を続けてもらいたいですし
ただ私はこれまでより更に心が広くなったのを感じられたのです。

今この瞬間、この人生というものがいかに貴重なものであるかという事を。
そして“今を生きてない者は何をしても虚しい”という事にも気づかせてもらえました。

どういった経緯で今回の気付きに至ったのかは
詳細も含めて今この場で説明する事は出来ませんが(何でも物事には順序がある)
いずれお話させてもらえる機会があればまたさせて頂きます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ