コラム

 公開日: 2015-12-13 

こちらも赤色警報?大人のぜんそくが流行中 ~大気汚染とタバコによる健康被害~

大人のぜんそくが流行してるようで問題になってます。

ぜんそくというと子供に多い印象ですが、近年は大人の間でも季節を問わず流行してるそうですから
風邪のように冬の乾燥やウイルスによる影響だけではない事がわかります。

中国の主要都市では大気汚染が深刻化してますし
これから増々ぜんそくを患う人が増えていく事が予想され
個人で出来る対策とともに、国際的な規模での取り組みが必要となるでしょう。

まずは個人で出来る対策についてですが、普段の生活習慣を振り返ってみる事が重要です。

最も大きな要因といいますか、自らぜんそくになるべくしてそうしてる習慣として
喫煙習慣による健康被害が挙げられます。

タバコの害については百害あって一利なしと昔から言われてるように
喫煙者本人のみならず、周囲の人間にまで危害を加える行為であり
最近では乳幼児など低年齢の子供にまでタバコを巡る問題が及んでいるような状況で
もはやぜんそくなどの健康被害だけに留まるような問題ではありません。

親が軽い気持ちで無理やりタバコを吸わせる動画がニュースになってるのでも
完全に虐待にしか見えない行為なのがおわかりだと思いますが
そしたら動画のような虐待行為と受動喫煙によって危害を加える行為とでは、タバコの害の何が違うのでしょうか?

私にはどちらも同じ虐待行為にしか思えません。

子供を巡っては大麻や覚せい剤といった薬物汚染まで広がってますが
私はタバコも深刻な健康被害を与えるものであり、薬物同様法律で取り締まるべきだと考えてますし
子供にとって危険が及ぶような物がどうして未だに嗜好品だなんて言われてるのかも甚だ疑問です。

無理やり吸わせるのはいけないけど受動喫煙なら許されるだなんて理屈はよくわかりませんし
他人の虐待は考えられないと話しながら自分は平然とやってのける堂々とした態度。
親や周りの大人が笑顔で幼い子供を傷つけながら自分は気づいてない振りの無意識(無自覚)による虐待行為。
健康情報には敏感で健康が一番だと言いながら喫煙は別という謎の哲学には、もはや唖然とするしかありません。

子供の居る所では直接吸わないから大丈夫だという謎の確信も
何を持って大丈夫だと言えるのか、その自信はどこから来るのか全く理解不能です。
自分は大丈夫でも子供や他の人にとっては大丈夫ではないのですから。

このようにタバコの健康被害にしても虐待行為にしても自分には無関係であり
大気汚染やぜんそくにしても自分の行為は省みず、他人の行為は迷惑だとしながら自らはなるべくしてそうしてるような
自分の事は見えてない、自分に対して無責任な人が多いような気が致します。
もちろん私自身も含めてですけどね。

他人の事よりまず自分というのはまさにこの事で
自分は出来てないのに他人の事ばかり言うのは容易いですし、何かと反省すべき事柄の多い世の中ですが
まずは普段の自分の言動を自覚する事が大事なのではないでしょうか。

これが自分の道は自分で切り拓くという事だと思いますし
問題は他人のせいにしていてもいつまでも改善する事はありません。

大気汚染も迷惑だ、やめてくれと思ってるだけでは何も良くなりませんし
ぜんそくも流行ってるから気を付けないとと思ってるだけでは何の対策にもなりませんから
やはり自分で考えてしっかりと自覚し、自分で出来る対策や改善策を実践していく事。
そして自分自身に対して責任を持つ事が、あらゆる問題の対処法になるのだと私は思います。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ