コラム

 公開日: 2015-12-25 

忘年会や2次会で失敗しない、心理学を応用したカラオケで歌が上手くなる方法 ~音痴はこう克服する~

これからのシーズン、忘年会や新年会といった人が集まる機会が増え
宴会の席や2次会などでカラオケを歌う機会も増えると思います。

この頃の若い人は皆歌が上手いように思われてますが
実際には音痴だったり人前で歌うのが苦手な方も多くいますし
歌が上手いのが当たり前だというイメージが逆にプレッシャーになり
ほんとは歌いたくないのに恥ずかしい思いをしなければならない人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方にカラオケで歌が上手くなるコツをお教えしたいと思います。
心理学を応用した方法ですので、音痴じゃない人でも更なる向上のためぜひ参考になさってください。

そもそも歌が上手くないと思ってる人は
どうやったら歌が上手くなるのかとテクニックを磨こうとされるんですね。
発声法や音程(リズム感)など、技術の上達を目指されます。

実はここが大きな落とし穴で、音痴な人は技術で歌を歌おうとしてるのです。
だからいくら練習してもちっとも上手くなりませんし
上手くなったと思ってもそれは上手く歌えるようになったというだけで
歌が上手いのでも何でもありません。

歌は“心”で歌うものです。

本来歌は心で歌うものなのに、技術だけで歌おうとするからちっとも上手くならないんですね。
心が伴ってませんから、技術的には上手く聞こえても心には響いて来ない。
だから上手いと感じないのです。

音痴かどうかというのは音程が狂ってたりリズム感がないなど技術的な評価であり
そこだけ改善しても歌が上手くなるわけではありません。
ただ上手く歌えてるだけ。

つまり歌が上手くなりたければ
歌い手が上手く歌えるかどうかではなく、聴き手の心に響くかどうかです。

いくら上手く歌えても聴き手の心に響かなければ
上手く歌えたかどうかという採点式の評価しか得られず
どこまでいってもこの人は歌が上手いとは感じないのです。

だから技術的な評価だけでこの人は音痴だと思われる。

ですからほんとに歌が上手くなりたいと思ったら
技術で歌おうとするのではなく心で歌ってみてください。
心で歌うといってもただ感情を込めて歌う事ではありませんよ。

その歌の背景や歌詞、歌手に興味を持ち、その心に思いを馳せる。
(要はモノマネに近い感覚で、その歌に入り込んで歌う事です)

そしたら声が小さくても少々リズム感がなくとも上手く歌えるはずです。
聴き手の心に響くはずです。
技術で歌おうとしない事。
歌の心に意識を向ける事です。

どんな人でも上手く歌おうとしたり歌自体に関心がなければ(ただその歌を歌いたいから歌ってるようでは)
そんな歌は別に音痴じゃなくても上手く歌えませんし
例え上手く聞こえたとしても聴き手には技術的に評価・関心されるだけです。

プロの歌手にでもなるならまだしも、別にプロの歌手を目指してるんじゃないんですから
本格的なボイストレーニングをしたり上手く歌おうとしなくてもいいんですね。
(プロでも心のない歌は誰の心にも響きません。人を惹きつけない)

だからほんとに歌を上手く歌おうと思ったら
技術を磨こうとするのではなく心を磨いてみてください。

もしよければ心理カウンセリングで歌が上手くなるような歌の指導もしますので
技術で上手くなるような方法でなくて良ければ、心理学を取り入れた歌のレッスン教室として
ぜひ当ルームの心理カウンセリングを利用なさってみてくださいね。

あなたの歌は技術的な評価ではなく、人を感動させる歌に生まれ変わるでしょう。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ