コラム

 公開日: 2016-01-28 

騙しの心理学 ~冗談なのか騙されたのか!?価値観の相違によって相手の性格は変わってしまう~

例えば小さい子供に高級ブランドの価値なんてわかりませんし、その銘柄を言われてもわかりません。
もちろんROLEX(高級腕時計)の価値を一から順を追って一生懸命に説いたところで到底理解するには至らないでしょうし
まだ物の価値観がわからない子供にとっては値段や銘柄に関係なく、自分の気に入った物が一番価値のある物です。

そしたら物の価値観がわかる大人が安値で購入したただの中古車を
これはベンツで高かったんやで~と冗談で子供に言ったとしても、子供は素直にそうなのかと聞くだけで
一体ベンツが何なのか、それがどうしたのか車の名前である事くらいしかわかりません。

ではその子供が成長して物の価値がわかるようになった時、たまたま街中で同じ型の中古車を見かけて
そういえば昔ベンツに乗ってたって人が居たけどこれのどこがベンツなんだ
全然ベンツじゃないじゃないかと薄っすらした記憶の中から思い出したとしたらどうでしょうか?

もしあの時物の価値観がわかってたら、この人冗談を言ってるなぁと笑えたかもしれませんが
今思い出して振り返ってみると、何だあの人嘘をついてたのかと騙された気分になり、もしかすると怒りが込み上げて来るかもしれませんね。

この例を見てもわかるように、人は物の価値がわからなかったり相手と価値観が合わなければ
お互い話が通じず会話や気持ちに行き違いが生じて感情的になったりしてしまうのです。
つまり自分と価値観の合わない人とはよほど聴く耳を持って相手の話を聴かなければ(接しなければ)
余計な口論に発展したり人間関係の悪化を招いてしまうんですね。

単に物の価値がわかってたら通じるのではなく、自分と価値観が合わなければ相手が誰であろうと通じないのです。

ですから相手の価値観を理解せず(相手にも自分の価値観がある事)自分の価値観だけで話を進めてしまうと
その人が冗談が通じない人だったら思いもよらない事態に発展してしまうかもしれませんし
自分もまた勘違いから相手を傷つけたり、被害妄想によって心に傷を負ってしまうかもしれません。

このような事態になるのを避けるためにも相手の言ってる事をそのまま鵜呑みにしてしまわない事。
そして自分とは違う価値観で物を言ってるんだと認識する事。(意識しながら相手の話を聴いてみる)
自分の思い込みや勘違いではないかとまずは自分の方を疑い、相手の言葉(表現方法)に振り回されないようにする事が重要です。

人は相手の言ってる意味や価値観を理解して聴こうとしなければ、何でも自分の価値観(判断基準)で処理してしまい
詳しく説明されてもせいぜい言ってる事が頭で理解出来るだけで、互いの価値観が合わなければ相手が何を言ってるのか到底理解出来ないのです。
そしてこの価値観は合わせようとして合わせられるものではない事をお忘れなく。

だったらお互い一生理解し合えないのかと言うとそうではありません。

例え価値観は合わなくても相手には相手の価値観がある事。(つまり互いの価値観を認める事)
相手の言ってる事(表現方法)ではなく言わんとしてる事を受け入れる事で、物事を感情的に処理したり不必要な抗争を生むような事態は避けられるでしょう。

ほんとに聴く耳を持って相手の話を聴いてみれば、何も全く理解出来ない話なんてないでしょうし
それはただ自分の心が未熟なだけではないでしょうか。

皆さんも相手と対峙するのではなく自分の内面と向き合って、自分の心の弱さや未熟さに気づいてみてください。
問題を他人のせいにせず自分自身と向き合えば、きっと今までの価値観ではわからなかった別の世界が見えて来るかもしれませんよ。

“今見ている世界や世界の見え方は、自分の心の見方によって変わって来る”

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ