コラム

 公開日: 2016-02-11 

人を簡単に騙す方法 <洗脳の仕組みと騙しのテクニック> ~もしかしてあなたも騙されてるかも?~

皆さんは騙し(詐欺)や洗脳といったものにどんなイメージをお持ちですか?
振り込め詐欺などの特殊詐欺、あるいは悪徳商法や催眠術によるマインドコントロールを思い浮かべるでしょうか?

自分は騙されない、洗脳なんてされないと思ってる人でも
人は簡単に騙されるんですよ、洗脳されるんですよというお話をこれからしていきますので
あまり騙される事に敏感にならず、常に人を疑いながら人間関係でしんどい思いをしなくても良いように
日常生活やご自身のメンタルケアの参考になさってください。

人を騙すと聞くと、何かそこに悪意があるように思ってしまいますが
実は本人に騙す意図がなくても、基本的に人は騙し騙されの人間関係で成り立ってるんですね。

例えば何の信仰心もない人が宗教の勧誘を受けたとしましょう。

きっとその人は誘いを断るでしょうし、最初からまともに話を聞こうともしません。
する気もないのに騙されでもしたら大変ですから、なるべく関わりたくないわけです。

一度それで酷い目に遭った人ですと、もう二度と騙されないぞとより一層警戒心を強めますから
その人は騙されにくくなると思われるかもしれませんが
先程も申しましたように、騙しや洗脳というのは本人が意図しなくても人間関係の中で自然にやり取りされてるんですね。
ただその事にお互い気づいてないだけ。

だからこの人は自分を騙している、もしくは騙されたと思った時点でそれが被害を受けたようになってしまうのです。
(被害妄想ではありませんが、気づいてしまったがゆえに思い込みや決め付けによって悪意があると感じてしまう)

もちろん悪意があって意図的に騙そうとしてる場合もありますが
基本的に人間関係はこのような騙し騙されの関係で成り立っていて、それに気づいた時点で被害になると
このように思っておいてください。

さて、それではどうして人は簡単に騙されてしまうのか?

先程の宗教の話で言いますと、例え信仰心はなくてもそれがビジネスになるとしたらどうでしょうか?
入信・信仰する気はなくてもビジネスチャンスになる。

だとすると自分はやりたくない事でもそれがビジネスになるとなれば
自分の意思とは無関係に知らず知らずにその宗教で行われてるような事(思想や教え)をやってしまう。
そうする事が当たり前になってしまうんですね。

でなければ商売になりませんから。

わかりやすい例で言うと、イスラム教の“ハラル”(イスラム教の戒律)がビジネスになってるように
イスラム教徒の人を相手に食べ物商売をしようと思ったら
豚肉やアルコールなどハラルで禁止されてる物は使用出来ないので
必然的にハラルに則った調理法や料理を提供しなければいけません。

そうすると自分は全くイスラム教に関心がなく信仰する気はなくても
その仕事に従事し続ける限りはハラルの規則に則った行動を取る必要があり
信仰心とは無関係にいつの間にか日常的にハラルの教えを実行してる事になるのです。

しかし本人はイスラム教の教えを実行してるだなんて気はありませんし
それどころか自分がハラルに従ってるだなんて気づいてもいないでしょう。
ただ商売になるから商売としてやってるだけ。

このように本人は一切気づいてなくても日常的にハラルに従ってるわけですから(当たり前になっている)
イスラム教徒と同じと言えば同じなのにただ信仰心がないだけで、これを洗脳と言わずして何と言いましょうか。

確かに誰にやらされてるわけでもなければ完全に従ってるわけではないので
全くイスラム教徒そのものだったり洗脳されて従ってるとは言えませんが
ただ本人がそれを洗脳だと思ってないだけで洗脳されてるのと同じ状態である事には違いありません。

この状態と同じように人間関係での騙し騙されの関係も同じく
それが騙しや洗脳だとは思ってないだけで(お互いに気づいてないだけで)
人間関係においては自然にやり取りされてる事であるというのがおわかり頂けましたでしょうか。

今回はちょっと難しかったかもしれませんが
あまり騙される事に敏感にならず、騙されたといっても必ずしも相手に悪意があるわけではないという事を頭において
少しでもより良い人間関係を築いて頂けると幸いです。

最後にこのコラムの中で私は皆さんを騙し続けてたのですが
私は何をどう騙し続けてたのかわかりますか?
コラムの内容をよく読み直し、少し考えてみてください。

つまり皆さんは今、私の“騙される”という話に騙されてるのです。
(考え方のコツやヒントは心理カウンセリングの中でお話させて頂きます)

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ