コラム

 公開日: 2016-02-13 

スマホ依存から脱却するために ~放置すれば詐欺被害や個人情報の流出、更には健康への悪影響も~

携帯電話市場もすっかり様変わりし、これまでの単なる電話機能から屋外でのインターネット環境の利用など
もはや通信機能の携帯(持ち出し)であり、音楽やカメラ機能、ゲームにカーナビにホームセキュリティーに
その姿はまるで“歩く電化製品”と言っても過言ではないでしょう。

他にもお財布代わりだったり公共料金の支払いもスマホ1台あれば簡単に済ませられますし
このように何でも手元で管理出来る“管理の一元化”は非常に便利な反面
ひと度他人の手に渡れば途端にコントロールを失い、簡単に悪用されてしまうという危険性も持ち合わせています。

生活面においては便利な余りに手放す事が出来ず、常に様々な情報や動向が気になって心配になり
次第に依存傾向に陥って食事や睡眠時も安心出来ないなど健康への悪影響も社会問題になってますね。

スマホは上手に利用すれば便利な代物ですが、逆にスマホに利用されてしまってはただの危険物ですから
スマホとの上手なつきあい方や依存してしまわないためにはどうすればいいのか?
今回はスマホ依存に繋がる仕組みを解説していきますので、健全なライフスタイルを送る上での参考になさってください。

そもそもスマホが便利なのは、スマホ1台で何でも出来てしまうという事です。

つまり便利過ぎるという事が依存傾向に繋がるのであり、例えばインターネット(メールやSNS)の利用で言いますと
以前ならパソコンなど特定の場所からでないと接続出来なかったものが(利用や接点の限定)
スマホがあればどこからでも繋がれますし、今やGPS機能によって遠く離れた場所に居る人でもすぐ身近に感じられ
テレビ電話などの動画やチャットツールによってまるで隣に居るのと何も変わりません。

これを可能にしているのがインフラ整備の充実と、もう一つは携帯電話会社の通信プランです。

インフラ整備に関しては充実してるに越した事はありませんから
ここでは通信プランがどうして依存に繋がるのかを心理学の観点から見ていきましょう。

現在通信プランで主流となってるのはいわゆる“○○し放題”の定額料金プランです。

通話し放題、パケット(データ通信)し放題などの定額プランですと
どれだけ使っても毎月定額料の支払いで済むわけですから、使えば使うだけ得ですし、逆に使わないと損をします。

これがまず依存傾向に陥る原因の一つなんですね。

誰でも料金を払ってる限りは損したくありませんし、便利だからという理由とは別になるべく得をする事を考えます。

例えば飲食店での食べ放題や飲み放題にしても、食事を楽しむというより元を取る事に必死で
ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎて苦しむハメになり、一体何しに行ったのかわからなくなるのと同じように
料金プランの仕組みやシステムがある程度人の行動を決定させてるんですね。

スマホ依存もこれと同じ心理の働きで、本来の思惑とは別に必要以上に接点を持とうとするライフスタイルになるのです。

これがいわゆる依存の状態であり、人の心理は基本的に無意識の部分が多くを占めて生活してますから
必ずしも本人がそれを自覚してるとは限りませんし、もちろん一つの要因だけで依存性になってるとは言えません。

人間関係にしてもそうですが、ではこの必要以上に関わりを持とうとする心理を避けるためには
○○し放題のような損得感情を上手くコントロールしてやれば良く
例えば定額プランから従量課金(使えば使うほど料金の支払いが増えていく)プランへの変更を検討するなど
余り使わないようにする節約志向型の心理状態に持っていけば、軽度の依存状態なら脱却出来るでしょう。

つまり行動に制限をかけてやるんですね。(システムを逆に利用する)

他にも依存からの脱却、スマホとの上手なつきあい方については取り上げ始めたら限がなく
当ルームでは皆様の状態に合わせた細かなサポートを行ってますので
ご自身やご家族のスマホに限らない依存の問題でお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

*お問い合わせは無料ですが電話やメールによる相談は受け付けていません。
また、心理カウンセリングのご利用には利用料が必要です。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ