コラム

 公開日: 2010-12-16 

心理カウンセリングから学ぶ


今回は、私の心理カウンセリングの始まりをお話ししたいと思います。

少し心理カウンセリングの体験をさせてもらえるという機会があり
その集まりに参加したんですが
私の心理カウンセリングの始まりは
相談したい悩みを探す事からでした。

悩みっていろいろあるけれど
急に言われてパッと思いつくような悩みって
私にはあまりありませんでした。

細かい事なら沢山あります。
でもそういう悩みって、わざわざ相談するような事でもないですし
それを無理して問題化させる必要もないだろうと思ったんですね。
例えばいつも眠たいとか、朝起きるのが苦手だとか。
あとは頭を使った勉強が苦手だったり
物覚えが悪い、地理に弱いなどです。

もちろん人間関係の悩みでも
相談しようと思えば出来るような悩みもありましたけども
特に差し当たって、自分の中で問題を抱えてるような
悩みという悩みは思いつかなかったんですね。
そんな悩みでもない事を
わざわざ悩みとして問題化したくなかったんです。

じゃあ他に、自分の中で相談したい悩みって何だろう?と
ちょっと探してみましたが
正直、相談したいような悩みはありません。

私が人に、悩みはありますか?
どんな悩みがありますか?とたずねられ
悩みなんて思いつかないなぁと答えると
悩みがない事が悩みですか。
と言われる事があるんですけど
返答のしように困るので、そうですねと答えておきますが
実際は、悩みがない事を悩みだなんて思ってないんです。

でもだからこそ今
私は心理カウンセラーをやっていけてるんだと思うんですね。
特に際立った悩みを抱えていると
自分の悩みだけで精一杯になり
とても他人の相談なんて出来ません。

私は自分の中で悩みがあっても
物事を客観的に見ますので
それをプラスに転じる力があるんです。
いわゆるプラス思考ですが
ただ単に自分の気持ちを押し殺して
心に蓋をして良い様に考えるというのではなく
客観的な視点で捉えるからこそ
自分に全てが圧し掛かる大きな問題として捉えないんです。

そして心は正直です。
自分の心に嘘はつきません。
怒りの感情が湧いてくれば怒りますし
悲しみの感情が襲ってきたなら素直に悲しみます。
だからといって感情的になるのではありません。
自分の感情をコントロールする術を知ってるんですね。

これはひとえに、メンタル的なセルフトレーニングのおかげです。
ですから感情論でものは言いません。

どうしたらこのメンタルトレーニングが出来るのか?
これって別に悩みではないですよね。
どうしたら心理カウンセラーになれるのか?
心理学とはどういうものなのか?
これも悩みではありません。
どちらかというと興味や疑問の類でしょうか。
私はこういうところから心理カウンセリングの世界に入っていきました。

つまり心理カウンセリングというのは
悩みを話すだけじゃなく
興味や疑問から湧いてきた事でもいいんです。
それがより良い人生に繋がるわけですから
私のように、特に目立った悩みを抱えてなくても
自分の人生において心理カウンセリングは活かせるものなんですね。

もちろん社会の仕組みや企業経営
心によって作用する影響や
どんな作用が働くのかなど
心理カウンセリングは様々なシーンに活かせます。

心理カウンセリングをどう活用するかはあなた次第ですが
もし少しでも興味を持たれたなら
気軽にお話しに来られるのをおすすめします。
心理カウンセリングは、ものの捉え方が変わりますし
本当に人生を豊かにしてくれるものですから。



ご意見ご感想を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ