コラム

 公開日: 2016-05-26 

脅迫文などの威力業務妨害が増加している傾向について ~「目には目を、歯には歯を」の防犯対策~

また最近、爆弾を仕掛けたとか毒物(異物)を混入したなどと
犯行をほのめかすような脅迫文の騒動が増えてますけども
このような威力業務妨害に当たる犯行予告は昔からちょくちょくありました。

インターネットの書き込みなどは日常茶飯事ですし
このような真偽不明の犯行声明であっても、やはり目にしたからには放置しておくわけにはいかず
その都度業務を中断してまで対応しなければならない厄介な犯罪です。

たいていは悪質ないたずら程度で何事も無く済む場合が多いのですが
だからといって本当に何もせず、何か起こってから何もしてませんでしたでは済みませんし
またかと形ばかりの対処になって慣れてしまわないように
もっと真剣に防犯対策に取り組んでいく必要があるのではないでしょうか。

まずもってこのような脅迫文を送りつけたりインターネットに書き込んだりする犯行声明は
何か社会への恨みや不満があって本気でやろうと思ってやる気があるのなら
わざわざ余計な工程を挟まなくてもテロ行為のように予告なしに実行に移すでしょうし
その点では悪質ないたずらの範ちゅうであって単純なテロ行為とは質が違います。

つまり本気で実行に移す気はなく、あくまで脅迫行為であるわけですね。
だから威力業務妨害なのだと言えるでしょう。

とはいえ無視して放置しておくというわけにはまいりません。

私たちが安心して暮らせる生活を脅かす、このような悪質な犯罪は厳しく取り締まる必要がありますし
好き放題野放しにしておけば、結局困るのは私たち自身なのですから。

ではどのような対策が必要なのでしょうか?

一つには威力業務妨害と軽く済ますのではなく
犯人がどこの誰なのかという個人情報の公開や、何らかの社会的な制裁も有効でしょう。

また、手紙などの郵便物なら必ず差出人が特定出来るようなシステムの構築や(不明のものは取扱不可など)
インターネットの書き込みでも同じように
どこの誰かがわかるような仕組みや環境作りは必要です。

現実には難しくても、出来る範囲の事は出来るでしょうし
そしてまたしていく必要があるでしょうし
難しい、出来ないからといって何もしない、しなくていいというのなら
テロ対策も同じように何もしなくていいと言えるでしょうか?

目には目を、歯には歯をという言葉があります。

これは同じ目に遭わす(痛い思いをさせる)という意味ではなく
感覚がない(本人に自覚がない)から同じ感覚を与えてわからせるというニュアンスの言葉の意味です。

人は頭ではわかってても自分にその感覚(自覚)がないから平気で人を傷つけたり困らせたり出来るんですね。
(またはそうしてしまう)
自分が同じ痛みを味わうのをわかってて、同じ苦しみを感じてて
人にまで同じ思いをさせたりするような事はありません。

同じ感覚を味わう、人の痛みや苦しみを知るというのは一つの防犯対策にもなります。
また、心理学上や人間関係においても有効に活用する事も可能なのです。

人の苦しみを知る事で、豊かな社会や人間関係を築いていきましょう。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ