コラム

 公開日: 2016-08-25 

SMAPの解散騒動に見る、謝罪の謎 ~なぜ謝る?Japanese people!?~

人気アイドルグループのSMAPが年内で解散すると発表し、騒ぎになってます。

この解散騒動については数カ月前にも騒ぎになりましたが
ここに来て遂に解散確実の運びになったようです。

ファンにとっては解散を惜しむ声が聞かれ、一旦白紙状態に戻したにも関わらず
どうして再び解散の発表に至ったのでしょうか。

そして最初の解散発表の時にも謝罪が行われましたが
2度めの解散発表となり、その事に対する謝罪なのでしょうか、それとも誰に対する何の謝罪なんでしょうか
そこに何か謝らなければならない理由があるのか詳細はわかりませんが、私は不可解に思えてなりません。

SMAPに限らず世間に解散を発表する場合
「私たちは解散します。今までありがとうございました。お世話になりました」と
感謝の意を表して正々堂々と解散すれば良いものの
政府や政党、あるいは会社組織でもなければ、誰かの許しを得ないと解散出来ないなんておかしいですし
それで迷惑をかける、それが迷惑に繋がるといった捉え方をするのは日本独特の風潮ではないでしょうか。

だからこそただ解散するのでも、《迷惑がかかる=謝る・謝罪する》のような構図が生まれるのでしょう。

謝罪を伴うような解散発表で代表的なのは、政治の世界での不祥事や力不足などが挙げられますが
特に不祥事を起こしたわけでもなく、言っても一アイドルグループの解散発表に謝罪が伴うのには違和感を感じます。

という事はつまり、裏で何か不祥事があったのか、ファンへの(期待感への)裏切りだとの思いなのか
解散を悪い事にしてしまっている何かが謝罪へと繋がり、そこにメンバー個人の意思は働いてないと考えられます。
(メンバーの意向が解散へと繋がってるが、解散を望まない“世間の意思”の方が働きが強い)
だからこそ何も謝る必要のない解散発表でも、世間に対して謝罪をするわけです。

しかし日本人の謝罪感覚は独特で、何か不祥事を起こしたり悪い事をしたから謝るのではありません。

何か手伝ってもらったりして感謝するような時にもすみませんと言って謝るのです。
ありがとうございますではなく申し訳ないのです。

ではこの度のSMAPの解散にはどういう謝罪の意味があったのでしょうか。

改めて考えるまでもないように思いますが、いずれにしても自分の意思や理由を明らかにしなければ
このように他人にはあれこれ詮索されますし、ハッキリしない事が不審に繋がったり
世間や人様に対する申し訳なさの謝罪に繋がるのではないでしょうか。

ですから普段の人間関係でも、物事をアヤフヤにしていると肩身が狭くなったり人間関係がギスギスしたり
常に周りに対して申し訳ないと感じながら生きなければならず
それで気が休まる事がなく精神的に参ってしまうのかもしれません。

ならば自分に自信を持って正々堂々と、自分に対するやましさを捨て去る事で
他人の顔色を窺いながらしんどい生き方をする必要もなければ
自分はこうしたい、こうしようと思ってると意思表示をハッキリする事で
他人にも自分にも負けないメンタルが身に付くかもしれませんね。

もちろん他人の反感を買ったり批判されたりするでしょうけど
何もしなくても批判してくる人は批判してくるでしょうし
そもそも自分のメンタルさえ強く持てれば、そんな批判物ともせずに済むでしょう。

ではSMAPの謝罪はメンバーのメンタルが弱かったからなのか?
それとも世間の期待(?)が大きかったからなのか?

つまりは相手への期待感やプレッシャーが大き過ぎると
相手が謝罪しなければならない状況(罪の意識)に追い込み、相手を苦しませる要因になってしまうのかもしれません。
(個人の意思とは取るに足らないものであって、権力等を持ってしても集団の力には勝らない)

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ