コラム

 公開日: 2017-08-18 

一歩手前の熱中症対策! ~簡単に出来る暑さ対策と熱中症の危険サイン~

夏も本番になると心配なのが熱中症対策です。

気温上昇によって不快指数が高くなり、どうしても暑い暑いと怠けモードに入ってしまいますが
結局動かないでジーっとしてる事がより暑さを倍増させ
体に熱がこもって熱中症に陥りやすくなるんですね。

運動でも何でも体を動かす事によって体は発汗し、熱を放出して体温を下げるので
何もせずジーっとしてるより動いてた方が暑さを感じにくくなるのです。

つまりジッとしてるより動いてる方が暑くないという事。

もちろん激しい運動は危険ですし、汗による不快指数は高まるかもしれませんが
動いていれば自然に暑さも忘れますし(ジッとしてるより)
実際熱中症で搬送されるのは屋内でゆっくり過ごしてる時の方がほとんどなんですね。

仕事やお買い物でも何でも良いんです。
とにかく体を動かすようにして過ごしてみてください。
暑いからといってただジッとしてるより、暑さを感じにくくなりますよ。

そして忘れずにしっかり水分補給を心がけ(ただの水分ではなくミネラルなどを含んだもの)
ずっと動き続けるのではなくきちっと休憩を取るように心がけていれば
何もせずじっとしてるよりよっぽど熱中症対策になりますから
常に体調に気を配りながらお過ごしくださいね。

エアコンも冷やしすぎるのは体にとっては負担になりますので
外気より少し低い程度の温度設定にとどめれば、光熱費も抑えられて地球環境にも優しく
エアコン嫌いのご年配の方でも抵抗感を減らせるでしょうし
熱中症対策と体への負担軽減にもなり、エアコンの適切な使い方が出来るのではないでしょうか。

そして熱中症の前兆とも言える危険サインとして
次のような症状が出てきた場合は特に気をつけるよう、忘れずに憶えておいてください。

まず最も簡単でわかりやすい症状なのが、気圧の変化による耳鳴りのような症状です。
あの耳の奥がツーンとしてるような症状ですね。

この症状がある場合は体の水分が不足してますので、早急に水分を補給するようにしてください。
ガブガブ一気に流し込むのではなく、一定の量を時間をかけてゆっくり摂取していきましょう。

そして次に視界の一部が欠けたりチラついたり、何となく見えにくくなって視界が狭まる感じの症状です。

こうなると意識障害が出始めています。
まだ軽い段階での話ですが、意識がもうろうとするようなら水分補給をしつつ横になって体を休め
危険を感じるようであれば早めに医療機関を受診するよう心がけましょう。

もちろん重篤な場合は即救急車です。
周りの方が対処してあげてください。
体を冷やしてあげる事も忘れずに。

あとは体の一部に痙攣(けいれん)の症状があるなど熱中症の危険サインは様々ですが
どのような症状がある場合でも基本的に対処法は同じです。

いずれにしても体調不良を感じるようになってからでは遅いので
暑い暑いといってなるべく動かないようにするのではなく
用事などで軽く体を動かす事を目的にして、なるべくジッとして過ごさないように気を付けてくださいね。

暑さ対策とは別に、熱中症の危険サイン(何かしらの症状)がある場合は別ですよ。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

車の完全自動運転化の必要性

車の自動運転技術が進められていますがそもそもなぜ自動運転が必要なのか疑問に思います。自動運転で良いな...

[ 時事・世事世相・所感 ]

人生何のために生きてるのかわからない方のために、生き方を学ぶための心理カウンセリング

「長く生きる事に何の意味があるのか?」超高齢社会、長寿社会とあって、人類の寿命はますます伸びています。...

[ 生き方を学ぶ ]

企業や社会の経済力は人々の健康状態によって決まる

私たちの経済は健康が支えてるといっても過言ではありません。例えばペストやコレラが蔓延してる社会を想像し...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

自然の発酵力で健康と美容をサポートしてくれる、パーフェクト食品「納豆」

納豆は好き嫌いが多いと思いますが実はそんじょそこらの栄養機能食品より手軽に摂取できる優秀な健康サポート...

[ 健康・美容・ダイエット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ