コラム

 公開日: 2018-06-22 

冷房はダイエットの天敵!? ~熱中症対策の根本的な対策と頑張らないダイエット法~

近年は熱中症熱中症と言われ、熱中症に気をつけるよう対策をするように言われています。

まだ夏本番ではない5月頃から既に熱中症で搬送される人も多く
一昔前(昭和の頃)に比べて熱中症で倒れたり死亡する人が年々増加しているように感じます。

これほど熱中症が問題視されるようになったのはなぜでしょうか?

一昔前でも学校の朝礼中に熱中症で倒れる児童もちょくちょくいましたが
(その頃はまだ熱中症という言葉は使われてませんでした)
近年になってその数は比べ物にならないくらい増加しています。

確かに近年は一昔前と比べ、ずいぶん平均気温も上昇しているとは思いますが
それでも5月頃の気温で既に熱中症で搬送されるような事例は近年特有のもので
一昔前なら考えられなかったのではないでしょうか?

近年熱中症で倒れる人が増加している原因としては
人口の全体的な高齢化によって搬送される人の数が数字として表れていると考えられます。

ただ問題はそれだけではなく、私は冷房の使いすぎによる環境への不適応が
搬送される人の増加の原因ではないかと考えるのです。

つまり小さい子供の頃から冷房に慣れた環境で育つことによって
体が暑さに適応できなくなり、ちょっとした気温の上昇でも異常に体が反応し
体温調整機能が上手く働かずに熱中症にかかりやすくなるわけです。

子供じゃなくても冷房を使用する環境が当たり前になった現代では
高齢者はもちろん、大人でも体温調整機能が上手く働かなくなり
熱中症で倒れやすい体になってしまうんですね。
それで搬送される人の数が増加してしまうのです。

ですから熱中症対策として、こまめな水分補給と適切なエアコンの使用を言われますが
私はむしろエアコン(冷房)はなるべく使わないようにし
涼し気な服装を着用したりうちわや扇風機を使用するなどして
知恵を使って涼しく過ごす工夫を推進するほうが本当の熱中症対策になると思うんですね。

とはいえ、エアコンの使用を断固として控えるように推奨しているのではありません。
やはりものには限度がありますから、そういう意味での適切なエアコンの使用は必要だと思います。

熱中症になる根本的な問題として、冷房に慣れないようにするのが熱中症対策の一つだと言いましたが
冷房の使用は実はもう一つ、特に女性の方にとっては大きな悲劇になる
衝撃の事実が隠されていることにはお気づきでしょうか?

その悲劇とは、冷房の使用はダイエットの妨げになるということ。

冷房に慣れてしまうと常に快適な環境で過ごすことができますので
体は自ら体温を調整しなくてもサボることができます。

つまり冷房の使用は体を怠けさせるので、体の代謝機能が落ちてダイエットの妨げになるということです。

代謝機能の一つである、脂肪を燃焼させることをする必要がありませんから
脂肪を蓄える一方になり、いくら食事制限や運動を心がけたところで非効率なだけで
せっかく努力をしてもダイエット効果を十分に得られなくなります。

こんな由々しき事態を黙って受け入れられるでしょうか?
それでも快適な環境と引き換えに、体を怠けさせることを優先しますか?

この効果を逆に考えると、自分の体を厳しい環境に置くことで
特に何か努力をしなくても自然にダイエット効果を得られるんですね。
それこそ何か厳しいダイエットの努力をしなくても済むわけです。

ただし熱中症や他の病気になる危険もありますので、無理は禁物です。
私が言ってるのは無理をすることや我慢をすることではありません。

常に冷房のある環境に慣れて体を怠けさせないように
しっかり熱中症対策とダイエット効果を得られるように
そして皆様に健康に過ごしていただきたいと願うからこそこうして情報を提供しているのです。

ですのでぜひ参考になさって、くれぐれも無理のないよう
心身ともに快適な人生をお過ごしくださいませ。
健康情報やサポートケアに関しては心理カウンセリングでご相談に応じてますので
ご興味のある方はぜひお気軽にご連絡ください。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項
LINEトークCARE

2018年6月11日より、LINEアプリの「LINEトークCARE」にて恋愛相談(男女関係や性の悩みなどを含む)に限定したオンラインカウンセリングがスタートいたしました。...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
書籍「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇宙の起源にまでさかのぼる時間の仕組み~」出版情報
イメージ

2017年12月1日、新しく書籍を出版させていただきました。書籍名「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇...

著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

死が来ればそれが死期だと受け入れるだけ ~死を恐れず、死に抗わず~

私なんかはもしガンが見つかったとしても(ガンになったとしても)治してくれなくて良いですし災害などで安否不...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

北斗七星最後の星、死兆星の秘密

北斗七星は7個ある。でも最後の1個が足りない。その最後の1個が私たちそれぞれの魂。「8」という数字を...

[ なるほど心理学 ]

“思い出”はあなたの人生を構成する大切な要素 ~思い出というエッセンスを大切に~

人が生きる上で大切なものって、私は“思い出”だと思います。現実的な話をするとお金とかそういうものになるん...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ