コラム

 公開日: 2018-07-02 

夫やお子さんをダメにする女性の一言

女性というのは基本的に口が達者ですから
どうしても一言多くなるんです。

言わなくても良い一言をつい言ってしまい
自分では気づかぬうちに相手に不快な思いをさせてしまいます。

一言で済めばまだマシですが
女性の本質として自然に口が立つもんですから
何の悪気もなくつい言わなくても良いことまで口に出して言ってしまうんです。
(言わずにはいられない)

そしてその一言で相手に不快な思いをさせてしまいます。

これはよっぽど意識して言わないように気をつけなければ
相手に不快な思いをさせてることなどなかなか自分では気づけません。

特に夫(男性)やお子さんなんかはこの余計な一言にカチンと来て
なぜか不機嫌だったりケンカに発展するなんて経験はありませんか?
何で機嫌が悪いのか女性はわからないのです。

それは余計な一言が多いから。

これは女性の本性であり、自分では悪気なく言ってますから
どうしても仕方ないことですが
余計な一言を言われた相手はどう感じるのかと言いますと
そんなこともわからないのか(言われないとわからないのか)
あなたはダメな人で役に立たない、ガッカリ(残念な人)やわと
バカにされたりコケにされてるように感じるんですね。(侮辱や屈辱感を感じる)

子供が親からそんな言葉を浴びせられてみてください。
どんな気分になるでしょうか?
もし自分が言われたらどういう気持ちになりますか?

自分は認められてないんだ、必要ないんだ(別に居ても居なくても同じでいらない子なんだ)と
見下されてるようにも感じますし
心の中では深く傷つき、きっと惨めな思いをしてると思います。

そういった家庭での不和が子供の健全な成長を妨げたり
夫の仕事でのモチベーションの低下にも繋がるんですね。

女性は自分に悪気はないため、親子関係や夫婦関係に亀裂が生じている原因を相手のせいにして
自分の一言がそんなに相手に大きなダメージを与えてるなんて気づけません。

だって言われるようなことをしている相手が悪いんですから。

男性や小さいお子さんはまだ言語処理能力が未発達だったり低いもんですから
口達者な女性のように言われたことを上手く処理できないのです。
だからつい感情的に反応してしまうんです。

ほんとは自分なりにいろいろ考えたり気を使ってるからそういう反応になるのにもかかわらず
そんなことはお構いなしの女性はつい余計な一言ばかり言って
相手を傷つけてしまうんですね。

人は何にも考えてないようでいろいろ考えてるんです。

ただ女性のように口が達者でないため
上から物を言われたら黙ってしまうかケンカになるしかないんですね。
自分の思いや考えを(女性のように)上手く言葉にして言えないのです。

そのことを女性はわかってない。

これが男性や小さい子供の心の内であり
女性は相手を深く傷つけていることに気づかなければ
いつまでも関係が改善することはありません。

やっぱり人は褒められてこそやる気が出たりよし頑張ろうと思えるものですが
余計な一言で傷つけられていつも侮辱されてるような思いでいると
どうせ自分なんて必要ないんだろ?生きてても意味はない人間なんだと
自暴自棄で人生やけくそになってしまうのが自然ではないでしょうか?

そうするといつもケンカが絶えなかったり何を言ってもイライラした反応しかしなくなりますよね。

私は何も女性が悪いとか女性が気をつけなければいけないと
女性ばかり悪いように言ってるのではありませんが
自分の余計な一言が相手の尊厳を傷つけ、人間関係悪化の原因の一つになってないか?
ぜひ自分の胸に手を当てて聴いてみてください。

自分が少し気をつけて改めるだけで
もしかすると良好な関係に改善していくかもしれませんよ。

時間はかかるかもしれませんが私もお手伝いいたしますので
それぞれがお互いを尊重し、良好な人間関係を築いて快適な人生を過ごせるように
一緒に取り組んでいきましょう。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項
LINEトークCARE

2018年6月11日より、LINEアプリの「LINEトークCARE」にて恋愛相談(男女関係や性の悩みなどを含む)に限定したオンラインカウンセリングがスタートいたしました。...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
書籍「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇宙の起源にまでさかのぼる時間の仕組み~」出版情報
イメージ

2017年12月1日、新しく書籍を出版させていただきました。書籍名「時間の始まり 宇宙はこうして始まった ~宇...

著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

死が来ればそれが死期だと受け入れるだけ ~死を恐れず、死に抗わず~

私なんかはもしガンが見つかったとしても(ガンになったとしても)治してくれなくて良いですし災害などで安否不...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

北斗七星最後の星、死兆星の秘密

北斗七星は7個ある。でも最後の1個が足りない。その最後の1個が私たちそれぞれの魂。「8」という数字を...

[ なるほど心理学 ]

“思い出”はあなたの人生を構成する大切な要素 ~思い出というエッセンスを大切に~

人が生きる上で大切なものって、私は“思い出”だと思います。現実的な話をするとお金とかそういうものになるん...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ