コラム

 公開日: 2011-02-24 

自らの価値は自らが創造しなさい


先日テレビでやってたんですが
生活を豊かにするために、国民全員に毎月10万円を支給すれば
年金や子ども手当などややこしい問題も一気に解消されるし
他にもいろいろとメリットが沢山あり、国民の幸福度もアップする。
そのためには増税が必要だが
例え大増税しても、福利厚生や社会福祉も充実させられるし
豊かな生活を送る事が出来るというような事を言っていた。
そしてこれに政治家も賛同してました。

おいおい、何を言ってるんだと。
しかも現役政治家までが何と視野の狭い事を。

他国ではそれで上手くいってるのかもしれませんけど
今の日本の現状を見てください。
毎月10万円もらえると聞いて、誰がまともに働きますか?
もっともっと生産性を上げようと、誰が努力をしますか?

中にはそんな事で意欲の落ちない人もいますが
そんな人は一握りです。
これの及ぼす心理的作用としては
どうせ働かなくても10万円もらえるんだしと
そこそこしかやる気のない人の増加や
別に頑張って働かなくてもいいんだと
働く意欲の減退にも繋がります。
何かを頼みの綱にしてしまうと
そこに気の緩みが生じてしまうんですね。

誰も働かないとなると
一体誰が税金を納めるのでしょうか?
毎月10万円はどこから湧いてくるのでしょうか?
こんな事では経済がどうのではなく
日本という国が破綻してしまいますよ。
日本は他国とは違います。
他国の成功事例などそのまま通用しません。

それより何より、私が一番言いたいのは
豊かな生活や幸せというのは
誰かが与えてくれるもの、誰かから与えられるものと錯覚し
人が自ら価値を創造するのをやめてしまう事です。

自ら価値を創造する事をやめ
国に何とかしてもらおう、誰かが何とかしてくれると
他の何かに頼ってるようではダメです。
自分が豊かになるためには自分を磨かないといけません。
人は創造的で生産的な生き方をせず
何かに頼った(依存した)生き方をしてると
心の破滅をもたらすのです。


そろそろ誰かに何かを求めるのをやめてはどうでしょうか?
この人は○○してくれないだとか
この人はこうじゃないからダメだとか
相手を批判したり評価したり、相手の中に何かを求める事です。

例えば自分に負い目や引け目のある人は
相手に自分の理想を求めやすいんですね。
そして相手の中の足りないところばかりに目がいくんです。

しかし自分に自信があり、堂々としてる人であれば
誰かに何かを求めるなんて事はしません。
自分の持ってるものに満足してますから
そんな事をする必要がないんですね。

他人の中に何かを求める人は自分に魅力のない人です。

だからといってそれが悪い事ではないんですよ。
人は弱い生き物ですから
大抵の人は他人に何かを求めて生きてます。
それが人間の助け合い、支え合いにも繋がってますので
決していけない事ではありません。

ですが同時に、それがあらゆる悩みの元となってしまってるのも事実です。
悩みの元となってるのであれば
やはりそこを見直していく必要があります。

つまり、自分を見つめる事。
自分を見つめ直す事です。

自分を見つめ直すとは、問題を改める事であり
悩みを克服する事でもあるんですね。

皆さん普段何気なく、自分を見つめ直しなさいとか
自分を振り返り、自分を知りなさい
行動しなければ何も変わらないですよだとか
よく耳にしてると思いますけど
私も、ただ何となくわかった気になって言ってるのではありません。
ちゃんと理由があるんですね。

問題を見つめるには、曖昧やあやふやではいけません。

先ずは悩みのない豊かな生活や幸せというのは
自らが自らの価値を創造する事によって得られるものだと
意識する事が大切です。
他人の中に足りないものを求めてても
悩みだけが増えていく一方ですよ。
他の何かに依存しててはいけません。

つまりこれが心の自律というわけですね。

ただしこれは、誰にも頼らず一人で頑張れという事ではありません。
自分の価値を自分で磨く事と
誰にも頼るなという事は全然違います。
自らの価値は自らが創り出すんだという事を
常に意識してくださいよという事です。

そうすれば自分に満足し
他に求める事もなくなり
根本から悩みが解消されるんですね。

といってもその方法は人それぞれですし
やはりあなたに合ったやり方というのがあります。

そこで思い出してほしいのが心理カウンセリングなんですね。

心理カウンセリングの効果は
実際自ら体験してみないとわかりません。
しかも継続する事で更に効果が高まります。

私はこの事実を実感してるので
一ヶ月カウンセリング受け放題という
月額制の心理カウンセリングを導入しました。
これにより継続したカウンセリングが可能になります。

もちろん一回ずつでも構いませんので
どちらでご利用になるかはあなたのご都合に合わせて決めてくださいね。
あなたに合った方法で
人生をより良いものにしていきましょう。



あなたは何が聞きたいですか?
私にどんな事を聞きたいですか?
ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ