コラム

 公開日: 2011-11-19 

悩み多き思春期の心理状態

そういえば中学生から高校生くらいの思春期
青年期の心理について触れてなかったので
今回はお話したいと思います。

思春期というのは、成長過程で何かと難しい時期と言われますが
まさしくその通りです。

大人から見ればまだまだ子供で
理解しにくいような悩みも多く
接し方も激変する時期でもありますね。

これまでは子ども扱いしてたのが
この時期の接し方や周りの環境、関わり方によって
徐々に人格も形成され
今後の人生にまで影響する重要な時期でもあります。

思春期の頃は、世の中の様々な事を身を持って学んで
心理的にも様々な葛藤の状態が続き、自立心も旺盛になります。

また、私なんかもそうでしたけど
社会的にはまだまだ子供ですが
本人は自分を中心に世界が回っています。
自分が世の中の頂点にいるんですね。

ですから考えも高慢になり
自分の言ってる事や考え方
理屈を理解出来ないヤツ(周りの大人など)には
つい反抗心が生まれて荒れた態度になるんです。

大人は大人で、それを無理に押さえつけようとしますから
挙句、関係がこじれて溝が出来てしまいます。

それでいて周りの友人関係には敏感で
仲間外れにならないように
友達に合わせて、同じような言動を取るようになります。

相変わらず世の中は自分が中心のままなのに
仲間外れになるわけにはいかないので
常に人間関係に気を遣わなければならない。
そして上手く仲間の輪の中に入れなければ
イジメの対象になるわけですね。
そうでなくても周りからは孤立してしまいます。

自宅に帰って、ようやく人間関係というしがらみから解放されたと思ったら
今度は親がうるさいんです。
気の休まるところはどこにもありません。
常に安息の場所を探し続けてるようなものです。
心が不安定なままですから
やがて精神的なストレスを抱え込んで押し潰されてしまうんです。
ストレスを発散するために、行動も無茶な事をしてしまいがちです。
とても自分ではコントロール出来ません。

このように、思春期は地に足が着いてない状態ですから
青春時代は駆け抜けるというイメージがあり
表現でもよく使われますね。

思春期の心理というのは
とても語り尽くせるものではありません。

実際には個々のケース毎に見ていき
それぞれで対応していくしかないんですね。
ひとくくりにこういう風にすればいいですよ
なんて事は言えないのです。

ただ、思春期の子は問題ばかり抱えてるわけではありません。
この時期に適切な関わり方をしていけば
人間として素晴らしい成長を遂げる時期でもあります。
心理カウンセリングで生き方を学ぶのも一つの方法ですね。

何も問題があるから、具合が悪いから問題児扱いするのではなく
一人の人間として接していく事が
本人にとって将来に繋がる、大事なことだと思います。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

幸せに気づく、幸せを築く、『家庭入り女子』

女優の堀北さんが芸能界から引退して家庭入りされたようにかつては山口百恵さんや、他にもテレビ東京の紺野アナ...

[ 恋愛・結婚生活 ]

誰にでも開かれた門戸と言いながら、用心のために施錠する寺院の怪

元来お寺というのはいつでもお参り出来るよう、常に開放されていて然りですが時代と言いましょうか、用心のため...

[ 生き方を学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ