コラム

 公開日: 2011-12-14 

ほんとに人って分かり合えるの?

当たり前のようですが
自分の考えてる事と相手の考えてる事とは違うのです。

相手がどんな事で傷つき、どんな事で怒るのかなんていうのは
自分にはわかりません。
相手にとっても、自分がどんな事で傷ついて
どういう事で怒るのかは
お互い実際に試してみるか
失敗して学ばない事にはわからないんです。

つまりお互い、何に対してどのくらいの許容量があり
どこで一線を越えるのかという基準なんてわからないのです。
これはお互い知らない者同士なら特にそうですし
それなりに親しくてもなかなか難しいものです。
その時の虫の居所具合によっても変わってきますしね。

この人今さっきまで何事もなく接してたのに
何でいきなりこんな事で怒ったんだろう?と
不思議に思った事ってありませんか?

そもそもこんな話を普段からわざわざしませんし
自分自身でもどこまでが許容範囲かだなんて
その時になってみないとわからないものです。

もちろんわざと試してみるなんてのは
試された方はいい気はしませんから
やめておいた方が無難です。

そんな自分でもわからないし
相手にもわからないような事を
わからないからといって自分基準で捉えてしまうと
相手の事を知らない間に傷つけてたり
怒らせてしまったりしてしまいます。

そんなわからない事だからこそ
相手もわかってて当然だと言わんばかりに感情的になったところで
これは仕方のない事なんですね。
自分が苦しいだけなんです。

それでも許せないような事だってありますが
これは実際に危害を加えられたりした場合にはそうですが
感情が先行しただけのものなら
やはり自分の心の在り様が、一番問題になるんじゃないでしょうか?
自分の心の中を冷静に見つめる必要があると思います。

逆に言えば、自分や相手の喜びどころだって
口で説明するにしてもわかるものではありません。
こうしてくれたら嬉しいんだよと
例え口で伝えたとしても
真意は常にその人本人の中にしかないんですね。

このように見ていけば
相手の顔色を窺いながら怯えて生きるのも
自分の感情のままに振舞いながら生きるのも
双方にとって何の良い事もないというのがわかります。

結局どちらかが苦しくてしんどい思いをするだけか
はたまた互いに関係が泥沼化するだけとなってしまいます。

要は分かり合えるのかどうかが問題ではなく
相手の事を無理にわかろうとしなくてもいいですし
相手に自分をわからそうとする必要もないんですね。

相手が自由気ままに生きてようが
周りに気を遣ってばかりいようが
あなたが自分の事として心配になったり
特別不安に思う必要はないんです。
その代わりあなた自身も
自分の感情的な部分を
相手もわかるべきだと押し付けるような事ではいけませんけどね。

わかってほしい、わからせたい
わかってあげたいといった
そういう心理的な面をカウンセリングで見ていく事で
自分の感情的な部分も、ある程度操縦できるようになってくるかもしれません。

悩みというのは、わからないというのが根底にあり
それが大きな原因となり悩みとして現れますから
解決の近道や効果的な方法としては
やはりわかるという事が一番なのではないでしょうか。

わかるというのは
受け入れて納得するという事ですね。
ただ知るのとはまた違います。

そのわかるための手掛かりとして
心理カウンセリングという効果的な方法がありますから
もし心が安定しない、感情が暴走してコントロール出来ない
といったお悩みを抱えてらっしゃるなら
どうぞお気軽に、私に連絡してみてくださいね。

どの部分のどんな事が悩みになってるのか
一緒に見ていきましょう。
ほんとにあなたが生きやすい人生にしていきたいですよね。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ