コラム

 公開日: 2012-02-09 

結局相談(カウンセリング)って何をするものなのか質問されました

先日私の知り合いの方が、心理カウンセリングについて質問されたので
今回はその内容に触れてみたいと思います。

知り合いといっても何人かでの寄り集まりだったんですが
やはり世間的には、まだいまいちカウンセリングとはどういうものなのか
普及浸透には程遠い状況にあるのだと実感したわけです。
まだまだ他人事といった心境なんでしょうね。

例えばどういう相談があるの?という話から
もちろん内容の具体的な話はしませんが
もし給料が上がらない事が本人の悩みになってるなら
それもカウンセリングで見ていくんですよという話になりました。

で、それでも私が給料を上げられるわけじゃないし
カウンセリングしても(受けたからといって)どうにも出来ないじゃないかと
こういう話の内容になったんですね。

もちろん私が直接その問題を解決してあげるような事は出来ません。

そもそも悩みを抱えてる人が
どうなったら解決になるのかなんて、私にはわかりませんからね。

給料が上がればそれで満足して問題は解決なのでしょうか?
上がったとしてもどれくらい上がらないと納得いかないのか。
満足出来ればいいのか、納得出来さえすればいいのか。
それとも不満は残ったままにせよ、とりあえずでも上がりさえすれば問題解決?
このように見ていくと限がありませんし、他にもいろんな見方があると思います。

他の人から言わせれば、他人の給料が上がるかどうかなんて興味もないでしょうし
他人の事を妬むような人なら上がらない事を望むでしょう。
また、そんなの自分が上げてもらえるように努力すればいいだけの話だと
実に的確なアドバイスをしてくれる方もいらっしゃるでしょうね。
私もその通りだと思います。

でもそれでは本人は納得出来ないんですね。
何もそんな事を言って欲しいわけじゃないんです。

でもこれが世間一般での反応。
しかし心理カウンセリングはここが違うんです。

私が言いたいのは、表面上の問題は解決してあげられませんが
ものの見方を変える事や心の内面を見ていく事で
その人が生きやすいように人生のお手伝いをする事は出来ますよと。
これが心理カウンセリングなんですね。

考え方の根本が違うのです。

ものの見方や捉え方、考え方を変えていく事で
より生きやすいように心を変えていくのです。
その人の願望を叶えてあげるのが心理カウンセリングではありません。
それでは根本的な問題は何も解決しないというのがおわかりでしょうか?

やっぱり心理カウンセリングの効用は
カウンセリングカウンセリングと言われる世の中にはなってきても
現状は何も伝わってないんだなぁと、改めて実感しましたね。

悩みを悩みとして真剣に考えてらっしゃる方なら
自分の事として向き合い方も違ってくると思いますが
カウンセリングをどこか他人事のように捉えてらっしゃる方には
誰が相談に来るの?怪しいわぁと
自分とは無関係、無縁のものとして見られるんでしょうね。

もし何か自分がしんどい、こうなればいいなぁというものが心の内にあったなら
それがもうカウンセリングでお手伝いできる事柄なんです。
あなたとは決して無縁だなんて言えません。

それでもお世話になる事はないわと思うなら
それはそれでいいでしょう。
何も無理してカウンセリングを受ける必要はないのですから。

しかし少しでも自分が生きやすい人生を歩みたいと望むなら
心理カウンセリングでお手伝いする事は出来ます。

それはあなたの願望を私が叶えてあげるものではありません。
そしたら私があなたの願望をやってあげただけで
あなた自身は何も実現してないんですから。
あなたの叶えたい事が叶った事にはならないのです。

ここの真の意味を理解していただきたい。

自分がこうしたい、こうなってほしいと望むものがあるなら
自分が取り組まなければ何も叶うものはありません。

何も詳しく心理カウンセリングの事を知らなくてもいいんです。
先の集まりのように、わからなくてもいろいろ聞いてくれて構いません。
何もわかってないな、無知もいいとこだなんて罵ったりしませんから。
こんな何を言ってもわからないような人に
カウンセリングの説明なんてしても無駄だと思ってしまったらそれまでですからね。

努力を続けるのをやめてしまったら、本当にそこでお終いなんです。
例え無駄になるかもしれませんが
やってみる事、続けてみる事にこそ意味があるのだと私は思います。
最初から何もせず諦めてたって、それこそ叶う事はないのですから。

そんな事より、あなたに心理カウンセリングというものが
どんなものかという事だけでも知ってもらって
本当に気軽に利用していただける環境を提供していく事が
今の私の叶えたい、実現したい想いであります。

そのためにこれからもどんどん伝え続けていきます。

どうか共により良い人生のために
実現したい目標に向かって歩んでいきましょう。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ