コラム

 公開日: 2012-03-02  最終更新日: 2012-05-29

プロフェッショナルとは? ~質の違いでいつもの仕事に差が出る~

先日も私、ある企業の応対から気づき、学んだ事があります。

〝社員教育とは、プロ意識を育てる事にあり〟

いやいや、経営者側の話ではありませんよ。
今回はお仕事に携わってる方には共通したお話です。

個人的なことで、ある大手企業に問い合わせた時のこと。
私にとってはちょっとした事なんですが
それでも非常に丁寧に応対していただきました。

大手企業であっても、それぞれ窓口での応対の仕方も様々で
大手らしく徹底した社員教育や研修の行き届いてるところや
多忙な業務の中の一環としての応対である場合もあります。

これは大手に限らず、中小でも同じ事が言えますし
どちらが優良かといった話ではありません。

さて、このような問い合わせ一つでも
伝わってくるものにどんな違いがあるのでしょうか?

私は大した事はないんだけど、必要だから問い合わせたのですが
そんな大した事ないような問い合わせにも、丁寧に応対していただきました。
こちらはこんな用事で申し訳ないなぁなんて思ってたのですが
よくよく考えてみたら、それこそこんな事で私が遠慮する必要はないのです。

向こうはそれが業務でやっているのだから。

つまり、何でこんなつまらない事で問い合わせてくるんだ
なんて意識がどこか少しでもあれば
いちいち応対するのもしんどいですし、ストレスが溜まります。
そんな事くらい自分で何とか出来るだろう
というような意識で取り組んでると
仕事をイヤイヤやってる事となり、毎日がただしんどいだけなんですね。

ただし、これが自分の仕事なんだという
プロ意識を持って取り組んでると
どんな些細な事でも誠意を持って向き合う事が出来ますし
自分の仕事にもやりがいや、誇りを持つ事が出来るようになるんですね。

だから先ほど、私が大した事ないと思って問い合わせた件でも
向こうにとってはそれが仕事であり
こちらが申し訳なく感じる必要もなく
応対する側も嫌な気一つせず、親切丁寧な応対が出来るわけです。

自分の仕事に誇りがあるからなんですね。

誇りというような大げさなものでなくても
自分の仕事にプロとしての意識で取り組めてるからです。

そうすると、仕事を感情的なやっつけ仕事でこなすのではなく
個人的な価値観で内容を大小と区別する事もありませんから
やりがいを感じながら取り組む事が出来るんですね。

それでもしんどい、疲れた、悩みといったものはあるでしょう。
けれど同じ表現でも、精神的な負担というものではなく
これらは全て前向きな、充実したものとして感じられるようになるんです。
仕事への意欲に繋がります。

確かに私も心理カウンセリングをしていて
誠心誠意、プロとしての意識で取り組んでますから
クライエントさんがどういう態度や気持ちで向き合われてても
それで私自身が不快になったり負担に感じる事はありません。

こんな悩みでなんて思ってもらう必要もないですし
もちろん私もそんなくらいでなんて思いません。
全てを丁寧に、真剣に向き合ってます。
それが仕事なんですから。
プロとして当然であり、意欲を持って取り組んでます。

だからこそ仕事に対してストレスもないですし
疲れた、もう辞めたいなんて事もありませんよ。
むしろやりがいを感じますし、充実感すら感じてやらせてもらってますね。

心の問題、人の心理なんて確かに難しいですけど
難しいから嫌なんじゃない。
ましてやそれが悩みにもならない。
難しいからこそやりがいを感じるのです。

難しい=嫌だなぁではなく
難しいという事は私にとっては奥が深いという事であり
やればやるほど、取り組めば取り組むほどやりがいを感じます。

もし私がプロの意識もなく、やっつけ仕事のように取り組んでたり
最初の話で大手企業の窓口の方が
仕方ないからやってるんだという意識で仕事をしてるなら
多分それは、ただしんどいだけのものでしかないように思います。

そんな気で仕事をしててもずっと続かないでしょうし
仕事によりストレスを抱え、悩みを抱え
一体何のために働いてるのかわからずに
自分に自信も失くし、人生に生きがいを感じられなくなるでしょう。
仕事に対する意欲も低下していく一方です。

しかしこのように見てくると
提供者側はそれを仕事として、プロとしてやってるのですから
利用側は何も遠慮せず、むしろ大船に乗った気で利用すればいいですし
提供者側も、それによってストレスを感じる必要もなく
やりがいを持って取り組めるわけですから
ぜひプロとしての意識を持って取り組んでいただきたいですね。

仕事に対して意欲がない、やりがいを感じない
毎日しんどいだけだという方は
ぜひ下のアドレスをクリックしてホームページをご覧いただき
私に連絡してみてください。

どうしたら仕事に意欲を持って取り組めるのか
一緒に考えていきましょう。
周りの人間関係からくるお悩みでも相談可能です。

毎日の仕事に張りが出るかどうかはあなたの意思次第ですよ。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ