コラム

 公開日: 2012-06-13 

心の問題をビジネスと捉える事の賛否 ~情報は貴重な財産である~

もちろん心理カウンセリングもそうですが
人の悩み、心の問題をビジネスとして扱う事に
賛否両論、いろんな意見があると思います。

心療内科や精神科でしたら、医療としての立場なので
一見ビジネスとは別のものとして考えられますが
お金を払ってサービスを受ける(利用する)という点では
ビジネスと何ら変わりはありません。

ビジネスと言うと、=お金儲けと考えてしまいがちですが
ここに間違いがあり、問題であると私は思うんですね。

あなたの悩みがお金(ビジネス)の対象なんじゃなくて
心理カウンセリングというサービス
システムそのものが既にビジネスなんです。

これは医療としての心療内科なども同じで
つまりあなたがビジネスの対象にされてるのではなく
あなたが何かサービスを受けたいと思い
それに対して利用できる環境が用意されてるもの
これがビジネスであるわけです。

ビジネス=お金儲けではありません。
あなたの望む需要に応えるもの
つまり需要と供給(提供)がビジネスだというわけです。

ですからいくら人の悩みをお金の対象として扱ったところで
そこに需要がなければビジネスとしては成立しません。

悩みを扱う側の意識(倫理観)に問題はあっても
ビジネスという観点から見れば
心の問題に金銭のやり取りが発生しても、何らおかしな点はないのです。

むしろそれであなたの抱える問題が改善されるなら
ビジネスであろうとお金を出してもいいと思いませんか?
私は心の問題じゃなくても
何か自分の得たいものの対価として、お金を使うのは妥当だと思いますけどね。

無料のサービスやボランティアなどは
それはそれで存在して利用すればいいと思いますけど
一銭も自分のお金を使わないという事は
言葉は悪いかもしれませんけど、良くも悪くもあなたにとって
しょせんその程度の価値のものでしかないのです。

価格設定に内容が見合わない
利用したくても自分には手が届かないし
そもそも贅沢だというような場合には仕方ないですが
今や介護サービスでもタダではしてくれません。
自分が快適に過ごしたければ、それに見合った対価が必要なんですね。

このやり取りこそがビジネスなんです。
決してお金儲けがビジネスなのではありません。

拝金主義やお金儲けの手段としてビジネスを利用しようとするから
そんな個人の私腹を肥やされるような事の対象として
自分の心の問題を扱われるという事に、どこか抵抗が生まれるのかもしれませんね。

物事は捉え方によってずいぶん変わってきます。
頭で捉え方を変えれば良いという事はわかってても
なかなかどうして変えればいいのか具体的にはわからないものです。

そんなわからない事に道筋を立てて考えていく。
これが心理カウンセリングなのです。

あなたは自分の価値にいくらお金を使えますか?

他人にお金を取られるんじゃない。
自分に対して価値のある投資をするわけです。
つまり、将来自分への財産になるんですね。

そして心理カウンセリングは、そんなあなたの需要にお応えします。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ