コラム

 公開日: 2012-06-15 

世の中、敵を作る事で上手くいく

皆さんなるべく敵を作らずに
出来れば穏便に過ごせればと思ってませんか?

しかし現実には、イジメの標的やからかう対象を作ったりして
多くの対立(敵対関係)を生み出しています。

ではそのような自分をイジメて来るような人にまで
仲良く接しなければならないのでしょうか?

敵を作らないという事は、このような人にまでペコペコして
常に相手に合わせてなければなりません。
それでもあなたの事を快く思わない人もいるわけです。

人が生きていれば、別に恨みはなくても何となく好き嫌いはありますし
その中で対立も自然と発生するものです。
それでも無理して敵を作らないようにする事は
自分を抑えて、人の言いなりになって生きるという事になるんですね。

ではここで、自分と対立する人がどういう人かを考えてみると
自分にとって不利益になる人。
つまり、自分と利害の一致しない人
もしくは害を及ぼすだけの人だと言えます。
決してイジメの対象や、叩きのめす相手といった
表面的な行為としての対立ではありません。

何かで対立するという事は、相手とは違う立場にいるわけです。
相手とは違う立場にいるという事は、そこに利益が発生するんですね。

人は他人と同じ物を所有していても、そこに利益は生まれません。
だって既に持っているのだから。

むしろ同じ物を所有しているからこそ対立が生まれるんです。
仲間内(同類)で、自分の方が優れてるんだと優位に立ちたいから。
人より優位に立つと、それだけ多くの利益を得られます。

これは良いように作用すると、競争相手として成長に繋がります。

という事はつまり、あなたの所有してるものを求めてる人
=あなたと利害関係の一致する人も出てくるというわけなんですね。
利害関係の一致してる人とは対立は生まれません。

ですから誰かと対立するとは
一人ぼっちになって誰かと敵対する事ではないんです。
対立する人もいれば、あなたに利益をもたらす人もいる。
このようにして対立というものは、自然と生まれるようになってるんですね。

それでも敵を作らないという事は
誰の利益にもならないように、自分を抑え込んでる事になりますし
それで気を遣って遠慮しながら生きてるわけですから
生きるのがしんどいに決まってます。

自分と利害の一致する人にこそ気をかけるべきで
自分と対立する人の事なんか気にして小さくなる必要はありません。
ましてや害を及ぼしてくるような人には特にです。

だからこそ、あえて敵を作らないようにするのではなく
むしろ対立が起こるのは当然のものとして
そんな事に気を遣ってるくらいなら
もっと人の利益になるような事に気を遣いましょうと言ってるんですね。

実際人と対立するのと、対立しないように神経を擦り減らすのとでは
後者の方がしんどい生き方になります。

何度も言いますが、敵とは単なる利害関係上の話で
何か勝敗を決めるために戦う相手ではありません。
単に自分と利害が一致しない人、害を及ぼすような人の事です。
ですから自分の敵だからといって、その人が悪人かといえばそうではありません。

そもそも人間生きていれば、自分の敵となるような人は自然と出てくるもので
むしろ敵なんて全くいないというような人は
誰が自分の敵なのかに気づいてないだけです。

そしてそういった敵になる人にまで気を遣わなければならない人生は
誰にでも気を遣ってばかりのしんどい人生だと言えます。
本当に気を遣う人にだけ気を遣っていればいいのです。

自分の敵になるような人にまで気を遣うとなると
何でこんな人にまで気を遣わなければならないのかと
自分の中で心の不一致が起こるんですね。
それはその相手と利害関係が一致してないから。
だから気疲れしてしんどくなるんです。

なるべく敵を作らないようにするよりも
利害関係を見極められるようになる事の方が大切です。

そしたら自分にとって本当に必要なものは何か
必要な人とは誰なのかが見えてくるようになりますよ。
利害関係とは、自分が与えるだけ、与えられるだけの関係ではないですからね。
相互利益によって成り立つのです。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ