コラム

 公開日: 2012-07-12 

軟弱日本人・現代の若者事情

年配の人たちがよく、最近の若者は我慢が足りん
自分の若い時は云々・・・というような事を口にします。

若者は若者で、そんな精神論はウザいとしか感じてません。

それはそれとして、ではなぜ我慢が足りんなどと言われるのでしょうか?
ほんとに若者は我慢が足りないのでしょうか?

今回は小さい頃の養育環境。
特に食育の観点からこの問題を見ていきたいと思います。

昔から人は、貧しければそれなりに
それぞれ工夫してやって来ました。

特に食料や物のない時代は、贅沢なんて出来ませんし
贅沢しなくても心豊かに過ごせて来たんですね。

お腹が減ったから食べる。
これは当たり前のように思いますが
このような、お腹が減ればいつでも物を食べられる環境が用意されてると
食事の時間を大切にしなくなります。

自分のさじ加減ひとつで、時間を気にせず
とりあえずお腹が空いたらいつでも食べられるんですから。
お腹は常に満たされていて、お腹が減ってる状態なんてほとんどありません。

食べたくても食べられないような時代は
食事の時間というものを大切にしてました。
食べられる事に感謝をして食べてたんですね。
だからいただきますと手を合わせていただいてたのです。

食事の時間にきちっと食べないと
それ以外の時間でモノはあたりません。
つまり、食事の時間を逃すと空腹が待っており
次の食事の時まで食べられないですから
1回の食事の時間というものを大切にしてたんですね。

そうして自然と欲求をコントロールする術が身に付いてたんです。
それが我慢する(出来る)事へと繋がってました。

しかし食べたい時にいつでも食べられるとなると
それが当たり前となり
お腹が減っても食べられない事に
何でないの?とただ不満を感じます。

自分で欲求をコントロールしようとしませんから(する必要がない)
そういう能力が身に付かないわけです。
これが我慢が足りないと言われる、現代の若者事情の一つです。

そしてこれから高齢化社会、核家族化など様々な影響で
ますますこういった若者は増えてくるでしょう。
何でもすぐに与えてもらい、大切に育てられますからね。
(参考:過保護について http://mbp-kyoto.com/kyotocl/column/4555/

小さい頃からおなか減った~と一言で
何でもホイホイ与えてると
我慢やコントロールの出来ない人間に育ってしまいます。

何不自由なく、欲求のままお腹いっぱいに食事を与えられたマウスと
きちっと食事制限(管理)されたマウスとでは
大きく寿命まで変わってくるんですから。
それ程までに食事というものは
ストレスの受けやすさ(耐性)にも影響してるんですね。

ですから小さい頃からの食育次第で
大きくなってもその人の人格や生活態度にまで影響が及びますし
小さい頃にしっかり欲求をコントロールする術を身に付けてないと
大きくなっても自分の心をコントロール出来なくなってしまいます。

そうして我慢の出来ない若者が増え続け
うつ病や自殺者の増加にまで繋がってしまうのです。
いわば、我慢が足りないとは自分をコントロール出来ない人です。
その人が精神的に弱いのではありません。

さて、このまま話し続けると話が膨大になり過ぎますので
今回は最後に簡素にまとめてしまいますが
食事の時間というものを、もっと大切にしてみましょうという事ですね。

お腹が減ったらいつでも食べられるような環境を作らない事で
欲求に対してのコントロールが出来るようになります。
そうするとストレスにも強い人間に育ちます。

昔は食べ物にありつけただけでも
ない事に不満なんてありません。
ある事に感謝をして食べてました。

あるから食べる、あるから使う(与える)、そして欲求のままに従うでは
これからますます日本人の精神は軟弱なものになっていくでしょう。
昔の日本人が強かったのは、貧しかったからです。

ではどのようにしていったらいいのかや
自分をコントロールする方法など
具体的な話については直接ご相談くださいませ。
とてもここで話しきれるようなものではありませんので。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ