コラム

 公開日: 2012-07-14 

思春期から大人へ、性の悩み

心理カウンセリングでは
性の悩みについても取り扱ってます。

一般的に性の悩みというと
人に話しにくく、人前で話すようなものではないと
このような意識があると思います。

だからこそ一人で悩みを抱え込んだり
誰にも言えずにツライ思いをされてる方が沢山いらっしゃいます。

そんな性の悩みでも
カウンセリングルームでは遠慮せずに
あなたの話せる範囲で結構ですので
言いにくい悩みでも気軽にお話くださいね。

実際性の悩みでカウンセリングに来られる方もいらっしゃいますし
カウンセリングの内容はその場だけのものに留まります。
秘密が外に漏れるという事はありませんよ。


さてさて、それでは本題に入っていきましょうか。

性の悩みといっても様々で
自分の身体の事、パートナーとの関係
恋愛感情での問題や性癖、虐待、執着、依存症
同性愛から病気についてや事件・犯罪、トラウマなど
とても一くくりには出来ません。

中でも今回は、思春期からの性という事で
自分の身体についての悩みを考えてみたいと思います。

まず最初に、性を一番身近に感じられるものとして
自分の身体の変化があります。

幼児期の体型から成長するにつれて
男性なら男性らしく
女性なら女性らしい特徴を帯びてきます。

また、外見的な特徴だけでなく
体の仕組みにも変化が現れてきますよね。

実はこの変化に
心がついていかずに悩みを抱える方が
非常に多くいらっしゃるのです。

悩みを抱えるのは当然だと思います。

今までなかったものが突然現れたり
体の働きによって気分まで左右されたり
周りの自分を見る目が変わってきたりと
こんなにストレスのかかる変化はそうありません。

皆さん何気なく成長していくように思われるかもしれませんが
実はこの変化を自分の中で受け入れる事は
本人にとっては大事件であり、大変な事なんですね。
中には面白半分で捉える人もいますね。

この変化をどうのように感じるかは人それぞれなので
ここでは私の一例を取り上げてみましょうか。
(ここからは具体的な表現も出てきますので
お気を悪くされる方は読み進めるのを避けてください)

私は男性ですから
男性なら勃起という現象が起こります。

これは意識せずとも起こる、身体の自然な反応なんですが
私はこれが受け入れられませんでした。

とにかく嫌で嫌で仕方なく
無理やり押さえ込んだり、何とか気を紛らわしたりして
少しでも早く収まるようにしてたんですね。

もしかしたらヤラシイ事を考えてるからこんな状態になるんだと
そういう意識があったからかもしれません。
それが受け入れられなかったんです。

ですが、そういう事を考えなくても
勃起する時は勃起するのです。
でないと、朝起きた時に勃起してる現象なんて説明がつきません。

このように、これは身体の仕組みなんだ
自分が何かおかしな事をしたわけでもないし
自分だけが特別でもなければ恥ずかしい事でもないんだとわかれば
今となってはどうって事はありません。
だけどその当時は本当に嫌だったんですね。

何であんなに嫌だったのか今では不思議ですが
それでも嫌で嫌で仕方なかったんです。

今回は私の例で見てきましたが
このように自分の身体について悩みを抱えてる方は
実はかなり多いんですね。

変化を受け入れられず、自分の身体を大切にしなかったり
性を軽いものとして扱って
とんでもない事件に巻き込まれたり、問題を抱えてしまい
それで精神的にも悩みを抱えてしまう。
このようなケースも多く存在するのです。

しかし自分の中で何が起こってるのか
何が問題になってるのかを知れば
心が受け入れられるようになります。

いつも言ってますが
問題はわからないから問題になるんですね。
わかってしまえばいろいろと対処の仕方もありますから。
わからなければどうする事も出来ません。

私は誰にも言えず、また、言おうとも思ってなかったですし
ただただそんな状態になった時の自分が嫌でした。
自己嫌悪とでも言うのでしょうか
何もわからないで、ただ苦しんでたんですね。

何が原因かを知ったところで
受け入れられるかどうかは別ですが
要は知る事で苦しみが軽減されるという事。
問題解決へも繋がりやすいという事なんですね。

もしあなたも何かわからない悩みを抱えてらっしゃるなら
自己嫌悪を感じてたり性の事でお悩みなら
ぜひ心理カウンセリングでお話してみてください。

ああなるほど、そういう事かと
気持ちがスッキリするかもしれませんよ。

もちろん秘密は守られます。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ