コラム

 公開日: 2012-07-17 

イジメなど、子供の問題行動に対処するには

小さい子供というのは、大ごとになるような些細な事でも
遊び感覚で平気でやってのけます。
自分の行動があとでどうなるかなんて
いちいち考えて動いてません。

例えば万引きなんかだと
大人であれば窃盗罪でとんでもない行為なわけですが
子供は悪い事とはわかっていても
遊びと同じレベル、遊びの延長線上でさらっとやってしまうんですね。
まるで軽いイタズラ感覚です。
怒られても返せば済むだろう程度なんですね。

もちろんよっぽどの事でもない限り
それで穏便に済む場合が殆どですが
子供は後になって取り返しの付かないような事でも
感覚のレベルに違いはありません。
物事の区別や判断がまだまだ甘いのです。
ですから何の悪気もなく平然とやってのけるんですね。

それを事前に教育として
こういう事をしちゃいけないんだよと教えてたとしても
まずもって何でしちゃいけないのかがわかってませんし
きちっと理屈で説明してたとしても
その時の自分の感情だけで(感情が優先して)動いてしまいますから
上手く自制が出来ません。

これは幼ければ幼いほど如実に現れます。

交通ルールでも
大人は道路に飛び出しちゃいけないと教えます。(もしくは怒ります)
もし対象が大人ならば、なぜ飛び出しちゃいけないのか
わざわざ説明しなくてもわかります。
しかし対象が子供だと
言われた事は頭の中に入ってるんだけど
まだ考える力が未発達のため、養われてないために
とっさの時にはそんな事も忘れてしまい
自分の思ったままの行動を取ってしまうんですね。

だからいくら口で説明したところで
すぐボールを追いかけて飛び出したりするんです。

今その瞬間、目の前で起こってる事
自分のやってる事だけが全てで
周りの状況なんて目に入ってませんし
これから起こるであろう事なんて予測もしてません。

これは親の教育がどうとかではなくて
これが子供の習性なんです。
何もその子が頭が悪いからでもないんですね。

この習性から社会問題となってるものの一つに
イジメの問題があります。

大人から見れば、イジメはとんでもない問題行動ですが
子供自身からすれば
それは遊びの延長線上のものであり
単にジャレてる程度のものが過剰になってイジメになってたり
個人的に嫌いだから嫌がらせしてるようなものだったりします。

要は遊び感覚なんですね。

そんな感覚のままで大人へと成長していくと
イジメが陰湿化してしまい、段々と行動も過激になり
社会へ出て働くようになっても
これはずっと変わらないわけです。

つまり、考えが幼い
幼稚だという事ができます。
まだまだ心も頭も成長できてないんですね。
イジメる人そのものが悪者だからではありません。
何かしらの要因で未だ成長出来ないまま
子供の習性が行為に現れてるだけなんです。

少し話はそれましたが・・・。

これらの事を何も理解しないで
直ぐにイジメ=悪い、問題行動だと捉えてしまうと
本当のその子の姿を何も見ていない事になりますし
一方的に悪者扱いされた本人は
ますます問題行動を起こしたり、非行に走ったりするのです。

それでイジメられて苦しんでる子は
同じように遊び感覚程度のものとしてやり過ごす事が出来ればいいのですが
本人にとっては大問題として圧し掛かってくるわけですから
反抗も出来ず、その重圧に耐え切れずに
一人悩みを抱えてしまう事になるのです。

人間一人一人
それぞれじっくり向き合ってあげる必要があります。
もちろん皆が皆、全員とじっくり向き合うなんて出来ませんから
身近な人が向き合ってあげればいいんです。
誰か人を敵視して問題が解決するという事はないんです。

それだけでは難しい、わからないというなら
心理カウンセリングなど、他にいろんな環境も利用する事が出来ます。

問題というのは、問題を起こしてる本人だけではなく
問題が起こるような周りの要因にも目を向けない事そのものが
既に問題であると認識しながら
今抱えてる問題と一緒に取り組んでいきたいですね。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ