コラム

 公開日: 2012-07-19 

自傷行為と、汚らわしい自分との関係

望まれない出産で生まれてきた子は
自分の事が好きになれません。
親がその子の存在を望んでない(認めてない)からです。

一旦存在価値の話は置いといて、極端に考えてみましょう。

例えば科学の実験で、生命を誕生させる研究をしてたとします。
あくまで科学の実験として、人間を作り出してみようという試みです。

その実験段階で作り出された“仮人間”は
試作段階から始まり、何体もの失敗種が作り出されます。

そしたらそんな失敗作には用事はないので
次々と処分されていくんですね。
例え失敗であろうと、仮にも人間なんですよ。
しかし失敗作が一人の人間として存在してはいけないんです。

こうして日々研究が積み重ねられ
ようやくあと一歩のところで実験が成功する段階までやって来ました。

その一歩手前の段階で作り出された仮人間である実験体は
見た目も中身も、ほぼ完全なる人間そのものなんです。

しかし実験としては、まだ一部に欠陥があるのか
仮人間である事には変わりありません。

ですがこの仮人間
外見だけでなく、どこからどう見ても人間そのものです。
今パッと近くにいる人を見てください。
その人が仮人間かもしれないというくらい、見分けがつかないんです。
でも人間として扱われる事はありません。

そしたらこの仮人間は、周りの人間の事はもちろんですが
自分の事をどう思うでしょうか?
自分という存在を、どのような存在だと捉えるでしょうか?

・・・さて、それではここで話を戻しましょうか。

ここまで読んでいただいて
どのように話の内容が繋がってるのかは
あえてご説明しなくてもお気づきだと思います。

この仮人間は、自分という存在を認めてもらえてない。
存在自体を望まれてないし、むしろ否定されています。
人間として、自分である事すら許されてません。
周りから求められてるのは、完全なる“完璧な人間”だからです。

そんな人間になれなかった失敗作でしかない自分は
まるで資源ゴミ同然の、何か汚い物でしかないんですね。

でもその、“汚い物”として存在しているものは
間違いなく自分自身なんです。

まずまともな人間なら、自分がゴミ同然にしか扱われないなんて
心が受け入れられるはずがありません。

つまりここに、自分という存在の否定が起こります。

そんな汚い物、汚らわしいものは自分ではない。
自分だなんて認めたくない。
こんな物が自分であるという事実が受け入れられず
心が苦しいんです。

このように自分を受け入れられず
自己一致出来てない(出来ない)状態が
自傷行為に繋がるんですね。

よく自分を傷つける事で、自分という存在を確かめられるし
気持ちが落ち着くなんて言いますが
やはり、“何か汚い入れ物”に入れられた自分を実感出来たところで
そんな自分を汚らわしいと思ってますし
自分を好きになる事はありません。
(自傷行為をする人が汚い人間だと言ってるのではないですよ)

そりゃ誰だって嫌じゃないですか?
お前なんか人間じゃないと、ただの汚いゴミ同然のようにイジメられたら。
しかもそんなゴミのような物が自分だなんて
誰が認められますか?
汚らわしく感じて嫌になるに決まってます。

そしたらそんな汚い物は処分したいと思うのが人の心です。

自傷行為というのは、本人が何か、心に病を抱えてるからではありません。
そういう風に、周りの人間がその人を一人の人間だと認めず
追い込んでいった結果なんです。
(もちろん周りの人間だけに問題があるわけではありません)

そしたらどのようにこの問題に向き合っていけばいいのかが
自然と見えてくるはずです。

私はいくらでも一緒に寄り添っていく事は出来ますが
最終的に答えを求めて動くのはあなたです。
私でもなく、周りの人間でもなく
あなた自身が答えを求めなければ
自分から救いの手を伸ばさなければ
誰もあなたの期待に応えてはくれません。

イジメ自殺の問題でも、皆さんそれぞれ、口ではあれこれ言ってますが
結局誰も助けてはくれず、最後は悲惨な結末を迎えてますよね。
自傷行為だって、未遂を超えてしまったらそれで最後です。
冷たいようですが、自分から手を伸ばさないと誰も助けてくれません。
皆思ってるだけで、行動に移せず、助けてあげられないんです。

確かに難しい問題ではありますが
あなたが本当に今の状態から抜け出したいなら
あるいはそういう状態の人を何とかしてあげたいと思うなら
まずは勇気を出して、受話器に手を伸ばしてみてください。

その伸ばされた手は、黙って見過ごしません。
必ず掴んで一緒に向き合っていきます。
それが心理カウンセリングです。

秘密は守られます。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ