コラム

 公開日: 2012-08-25 

人に思いを打ち明けると、なぜ気持ちがスッキリするの? ~話を聴いてもらう事の効用~

人にはまず、自分を知って欲しいという欲求があります。
自分の話をしたいんですね。

ですから相手の話を聞いていて
自分は違うからと話の内容を否定してしまうと
相手は自分自身が否定されたように感じてしまいます。

相手の話を聞いて受け答えはしてますが
お互いそれぞれが自分を中心に喋っていて
自分の話をしたいもんですから、別に悪気なんてありませんし
ほんとにただ、自分の話をしたいだけなんです。

人には自分の話をしたいという欲求がありますが
それでも別に自分の話なんて聞いて欲しくないと思ってる場合は
単に心を閉ざしてる状態なんですね。
ほんとに聞いて欲しくないわけではなく
話もしたくないという状況なわけです。

どんな話の内容であれ
まずもって否定するのは良くありません。
批判や否定、アドバイスを望んでるのではなく
とりあえず自分の話を聞いて欲しいだけなんですから。

言い訳だってそうです。
自分の問題だなんて百も承知でわかってたとしても
まずは自分の話を聞いて欲しいんです。
それで納得をして、自分に言い聞かせて
心の中を整理して、前へと進んでいくんですね。
つまりこれが、自分と向き合うという事です。

そこで最初に否定をしてしまうと
相手はあなたに心を閉ざしてしまいます。
そしたら自分と向き合うどころか
自分には人に話を聞いてもらう価値もないのかという自己否定感と
いいからまず聞いてくれよという反発心が出てきますから
そこで思い悩んで、余計心を閉ざしてしまうんですね。

心を閉ざすとは、何も閉鎖的になる事だけではありません。
どうせ聞いてくれへんにゃろ?もうあなたとは関わりたくもないと
関係が悪化してる状態も、心を閉ざしてると言えます。

ですから他のところでは全然元気な人もいますし
心を閉ざしてるからうつ病だとか
引きこもりであるというわけではありません。

心を閉ざすなんて聞くと
何となく暗いイメージに考えたり
マイナス思考じゃないといけないかのように考えてしまいがちですが
例え心を閉ざしてる状態だったとしても
何も自分の殻に閉じこもってる必要はないんですね。

見た目は元気だけど、何でも人のせいにしたり文句ばかり言ってる人なんて
私から言わせれば皆同じ、心を閉ざしてる状態です。
誰にもちゃんと自分の話を聞いてもらえないから
誰彼かまわず、ああだこうだとグチグチ言ってるのです。
(単に喋り足りないだけの場合もありますが)

ほんとに心を閉ざしてないと言える人は
ちゃんと自分を知って欲しいという欲求も満たされてますし
自己肯定感があります。
だからいつまでも小さな事にこだわってズルズル引きずりませんし
心も開放的なんですね。
こういう人が心を閉ざしてない人だと言えるわけです。

自己肯定感や自分への自信、そして人生を思いっきり満喫するためには
自分一人で頭の中でいろいろ思案してるだけじゃなく
そういった考えや自分の事を人に話す事はほんとに必要ですし
それを否定せずに聴くというのもまた大切な事なんです。

そしてこれらを実践的に行ってるものが
心理カウンセリングだというわけですね。
そうして自分の話をカウンセラーに聴いてもらって
本当に充実した人生を満喫する事が出来るようになるのです。

自分の事を誰にも話さず、一人心の中に抱えたままでは
決して人生を有意義には過ごせません。

自分で答えを見つけて結論を出したからといって
それを誰かに聴いてもらわない事には
全くの意味のない、自己満足で終わってしまうんですね。

それで実際に満足出来てるかと言えば
本当は心の中では満足出来てないわけです。
頭の中で自分を納得させただけで、誰にも受け入れられてないんですから。

これでは今までと同じように、何かと理由を付けて
無理やり自分を納得させて来たのと何も変わりません。
それで(今までの方法で)本当に心が満足したでしょうか?
生きやすくなりましたか?

誰かに自分を受け入れられてこそ、初めて心が満足するんです。
ようやく心が満たされるんです。
自分の中に抱えてるだけでは、決して心が満たされる事はありません。

いつまでもグチグチ言ってる人は
言いたい事を言って発散はしてるけど
誰にも受け止めてもらえてないから、愚痴が止まらないわけですね。
自分の話をきちっと、誰にも聴いてもらえてないんです。

あなたは自分の事を、ちゃんと誰かに話してますか?
聴いてもらってますか?
一人で抱え込んで、心を閉ざしてはいませんか?
自分一人の頭の中だけで解決しようとしてませんか?

それではいつまで経っても
あなたの心は開放されないと思いますよ。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ