コラム

 公開日: 2012-09-18 

人がどう頑張っても、悩みを耐え凌ぐなんて出来ないワケ

気温が高く、暑くなればなるほど
その度合に合わせた台風や竜巻が発生します。

これは自然のシステムであり、メカニズムです。
そうして自然が自動的に、自然界のバランスを調整してるのです。
そういう仕組になってるんです。

人間にとっては大きな被害になっても
人間の都合に合わせて発生するのではありませんし
起こるべくして起こった、なるべくしてなった結果なんですね。
(実際の被害を見れば、そんな事は言ってられない惨状ですけども)

同じように、悩みについても
しんどさや苦しみから逃れたい、解放されたい
あるいは快楽を得たい、欲求を満たしたいというのは
脳のメカニズムです。
脳の仕組みがそうさせてるんですね。

あらゆる言動の結果というのは
なるようにしてそのようになってるんです。
性格や環境、悩みの種類なんて関係ありません。
これは生体反応の一種だと言えます。

ですから本来、苦しみに“耐える”なんていう行為は
自然に反する行為なわけです。
自然のメカニズムではあり得ない行為なんですね。
(厳密に言えば、それらも自然のメカニズムだと言えますが)

そんな自然の流れに逆らうような事をしてるんですから
当然しんどいに決まってます。

もし地球の温暖化で、全体的な気温が上昇し続け
それでも一切台風も発生しない、竜巻も発生しない
ゲリラ豪雨も何も起こらないとなれば
地球は一体どうなってしまうでしょうか?

人間の都合で、災害が起こらないからその方がいいと
自然のメカニズムまで無理に変えてしまったら?

それで人間が、自然をコントロール出来てるならまだしも
こんな事をしては、地球は一瞬にして死の星になるのは目に見えてます。

こういう自然のメカニズムとして、そうなるべくしてなってるような状態を
自分の思うように無理やり変えてやろうとしてるのが
悩んで苦しんでらっしゃる人の心理状態なんですね。

自分にコントロール出来ないものを無理やり変えてやろうとするんですから
そりゃ苦しいに決まってます。
大変な事を、しかも一人でやってしまおうとしてるわけです。

このような自然の流れに逆らった方法で
無理に変えてしまうようなやり方ではなく
自然災害なら、大きな被害が出ないように対策をしますよね?
それと同じように、心の負担をいかに軽くして
楽しく人生を過ごせるようにしていくかという、いわば対策が
心理カウンセリングだというわけです。

災害と言えば、人間にとっては災害かも知れませんが
こういった現象があるからこそ、気温というのは下がるんですね。

人間にも、耐えるなんてメカニズムはありません。
一見苦しみに耐えてるように見えるのは、単なる個人の許容範囲でしかなく
それがいかにも耐えられてるように見えるだけです。

耐えるというのは、それが爆発した時に
反動によって物凄いエネルギーが発生するんですね。

台風や地震などでも、小さい規模のが頻発してれば被害は小さくて済みますが
もし長年何も起こらないという状態が続けば
ギリギリの限界まで耐えてる状態(エネルギーを溜めてる状態)ですから
いざ発生した時の反動が、物凄い爆発力になってしまうわけです。

そして人間も、これと同じだというわけ。

自然も人間も、耐えて凌ぐなんてメカニズムは備わってないですから
エネルギーを溜めて置いておくなんて事は出来ないんですね。

言葉や理屈では「悩み」という言葉で済ませてますが
悩みを自然現象と同じ、システムやメカニズムで理解すれば
悩みというエネルギーが発生する仕組みやその対策方法も
何ら違いはないというわけです。

例えばもう一つ別の話で
人が病気になれば、免疫機能が病原体と戦って
体が病気に対して抵抗するわけですよね。
病気に対して、何も黙って耐えてるわけではありません。
耐えてるだけでは病気に打ち勝つことは出来ませんから。

それと同じで、人の心の悩みも、悩みに対して抵抗するわけです。

手段は耐えるという手段かもしれませんけど
耐えるという手段を用いて悩みに抵抗してますし
耐えて抵抗するのも病原体と戦うのと同じ、一つの戦いです。

免疫機能が病原体に抵抗して病気に打ち勝つように
心の悩みも、抵抗して何とか打ち勝とう(良くなろう)と
脳の仕組みがそうさせてるわけです。

耐えるという方法以外にも、抵抗する手段は様々ですが。

つまり、結局はこれも自然のメカニズムの一つだと言えますし
病原体と同じように、悩みに対して何もせず
ただ黙って耐えてるだけでは
とても凌げるようなものではないという事がわかります。
黙って耐えてるというのは、無抵抗の状態です。

そしてもちろん、戦いにはエネルギーが必要になりますし
だから疲れてしんどくなるんですね。

今回もまた長々と、難しい内容だったと思います。
毎度毎度このような内容でわかりにくいかもしれませんが
実際のカウンセリング時には
余程ご希望でない限りこのような話はいたしませんので
どうぞ安心してお越しくださいね。
もしご希望であっても、もっとわかりやすくお話いたします。

心理カウンセラーは、お話を聴く事が基本ですから。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ