コラム

 公開日: 2012-11-25 

心理カウンセラーを志される方へ ~現役カウンセラーの視点から~

何も厳しいことを言うつもりはないですが
私が心理カウンセラーをやってて感じるのは
心理カウンセラーというのはほんと、つくづく孤独だなぁと感じます。

相性などにもよりますが、クライエントさんとは信頼関係を築けますし
問題と向き合われて乗り越えていかれる
成長されていく姿を目の当たりにしてると
ほんとにやり甲斐も感じますし
やってて良かったなぁと感じられるんですが
クライエントさんは友達ではありませんし
万が一そういう関係(友達のような関係)になってしまうと
以降はカウンセリングが成り立たなくなってしまうんですね。
もうその方に対して、カウンセリングが出来なくなるんです。

ですからカウンセラーというのは
クライエントさんとの関係で、一線を越えてはいけません。

つまり、クライエントさんの心理的サポーターとして
いくらでもお力にはなれますが
自分のメンタルに対しては、誰もサポートしてくれないわけです。
まずもって自分で、自分のメンタルの自己管理が出来ないといけません。

しかし人の心は、孤独に耐えられるだなんて
そんな強いものではないですから
だから他のカウンセラーさんのサポートを受けたりして
自分のメンタル面をコントロールしていく必要があります。
それはクライエントさんはしてくれません。
そこの部分を、クライエントさんに求めてはいけないのです。

このような事は、心理カウンセラーとしては基本的な事ですが
実はなかなかこの部分をコントロール出来ずに
逆にその重圧によって自身が圧し潰される
精神的に参ってしまうという事も、実際に起きてるんですね。
精神科医なんかでも、そのような方の話をよく聞きます。

そしてにわかカウンセラーや未熟なカウンセラーなどの間で
よく勘違いして起こる現象に
カウンセラーがクライエントさんとの一線を越えてしまって
それこそ先ほどのような友人関係だったり
あるいは相手が異性であれば、肉体関係に発展してしまったり
とんでもない間違いも実際には起こっているのです。

それ程親密に、クライエントさんの心と関わっていくわけですが
これはもはや、心理カウンセリングではありません。
完全に域を超えてしまってます。

私利私欲のためにカウンセリングを利用した
という事に他ならないんですね。

よく占い師(真は詐欺師)なんかが
自分の思い通りになるようにマインドコントロールをして
相手を操るなんてニュースが社会問題になってますけども
それと全く同じ現象です。

このように考えてみると、心理カウンセラーとは
基本的に誰とも、友人として親交を深められないし
本音で心の内を明かせる相手も持てない。
それでいて、そんな孤独な環境に耐えうる
驚異的な精神力と自己管理能力が求められ
それに耐えられなければ務まらないという事を念頭に置いた上で
それでもやっていけるという人だけが務められる
非常に厳しい条件の要求される存在だと感じております。

生半可な気持ちで人を救える
自分も経験者だから人の役に立てるだなんて考えてほしくないので
あえて厳しい言い方をして来ましたが
実際はそんなプレッシャーだけの、ツライものではありませんよ。

ただほんとに、悩んでる人を救ってやるんだとか
何としてでも自分が助けてやるだなんて想い(自身のエゴ)で
心理カウンセラーにはならないでいただきたいですね。
むしろそのような使命感に燃えてる人は
カウンセラーには不向きであると言えるかもしれません。
相手をコントロールしに走る危険がありますから。

今回は私が心理カウンセラーをやってて
個人的に感じるものの一部をお伝えしただけなので
これが心理カウンセリングの全てではありません。
くれぐれも挫折感を与えようというものではない事を
ご理解いただくようお願い申しあげます。

他にもまだまだありますが
心理カウンセリングや心理学って、まだまだ奥が深いですね。

クライエント様のお悩みとともに
もっと深く向き合っていこうと、改めて感じます。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

幸せに気づく、幸せを築く、『家庭入り女子』

女優の堀北さんが芸能界から引退して家庭入りされたようにかつては山口百恵さんや、他にもテレビ東京の紺野アナ...

[ 恋愛・結婚生活 ]

誰にでも開かれた門戸と言いながら、用心のために施錠する寺院の怪

元来お寺というのはいつでもお参り出来るよう、常に開放されていて然りですが時代と言いましょうか、用心のため...

[ 生き方を学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ