コラム

 公開日: 2012-12-15 

なぜこんなに苦しんでるのに、わかってくれない人がいるのだろうか?

言ってしまえば
自分が段々年老いてきて体も弱り
話す事といえば、健康や衰えてきた自分の体の症状についてばかり。

そんな人が、それこそ小学生やまだまだ健康で若い人に
体の痛みや辛さの症状を訴え
年老いてきたら段々こうなるんだといくら力説しても
ちっとも響かないのと同じ理屈です。

健康で若い人にとっては次元の違う話で
言ってる事は頭で理解する事は出来ても
結局はどこ吹く風で、しょせんは他人事でしかないんです。

だって、自分とは全く無縁の話なんですもん。
興味が無くて当然だと言えます。

いくら将来そのようになるからと
若い内からの健康や対策の必要性を説いても
実際に自分の身の上に起こってない話や
まだまだ先の話で実感のないものについては
言ってる事の重要性が伝わらないのです。

これは相手に理解力が足りないわけではないんですね。

自分しか見えていないと
相手がわかってくれないイライラや
伝わらない事への不満が溜まるだけで
問題を全て相手のせいにして済ませてしまいます。

これでは問題は解決しません。

自分と向き合わない、自分を振り返らないからです。

相手の反応は、しょせん相手の反応でしかありません。
相手の反応から、自分の心の反応を知る必要があります。

これが自分を知るという事。

問題解決を相手に委ねるのではなくて
自分と向き合う事によって
ようやくどうすればいいのかの答えが見つかるのです。

何で自分の言ってる事がわからないんだ
この苦しみがわからないのかなんて思ってたら
わかってくれない相手を責めるか
どうやっても伝わらない自分を責めるかしかなくなります。

そしたら余計心が苦しいだけなんですね。

真の問題を知ろうとせず、目を背けてばかりいると
悩みや苦しみは一向に解決しません。

そして何が真の問題であるのかは
自分一人だけではなかなか気づけるものではないんですね。
そこにはプロの心理カウンセラーによる
専門的な見地からのサポートが必要となるわけです。

自分を制御、コントロールするためには
相手に目を向けるのではなく
自分自身の心の中に目を向ける必要があります。

でなければ、いつまでもどうしたら伝わるのかという
目の前の対処法しか考えませんから
わかってくれない事への不満や苦しみだけが続くのです。

基本的に自分の心の内を、誰か相手がわかってくれる事なんてありません。
自分の事を真にわかってあげられるのは自分自身なんだという事を
今回の話から念頭に置いた上で
その上で自分の訴えを聴いてくれる人(受け止めてくれる人)に
心を開いて話す事によって
あなたの中の気持ちの変化を起こす事こそが
問題解決に繋がるんだという事を、ぜひ知っておいてくださいね。

ちなみに、一般庶民がセレブな人の生活や感覚を理解出来ないというのも
今回の話と同じ理屈ですね。
お互いに通じ合ったり、分かり合えたりする事はありません。
(出来ても難しい)



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

弱者の心理学 ~ルールという己の正義(正義感)と感情論~

ルールというのは単に決まり事だけではなく弱い者が自分を守るための盾、すなわち心の拠り所になるものだと言え...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

幸せに気づく、幸せを築く、『家庭入り女子』

女優の堀北さんが芸能界から引退して家庭入りされたようにかつては山口百恵さんや、他にもテレビ東京の紺野アナ...

[ 恋愛・結婚生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ