コラム

 公開日: 2013-03-26 

何のために人を雇うのか? ~人を雇ったらまず始めにする事~

企業が人を雇ったらまずする事は、仕事を覚えてもらう事ではありません。
その人という人間を理解・把握する事です。

仕事を覚えるなんてのは企業がするのではなく
雇われた側がする事です。
雇用主の側が、仕事を覚えてもらって満足してるようでは
そりゃ雇われた方は、覚えた範囲の自分の都合でしか仕事をやってくれません。
それが与えられた自分の仕事だと思ってるから。
それさえしとけばいいと思ってるから。

つまり、人材を活かすのは雇用主であって
雇われた人の能力や人格、あるいは性格に問題があるから
使えない人材になってるわけではないんですね。

やって欲しい仕事を個人の裁量に任せるから(本人が努力するようにと求めるから)
ついデキる人とデキない人を比較し、この人は使える使えないと優劣を付けて
評価するだけに終わってしまうんですね。

人材を活かすとは、そういうものではありません。
この人はデキるかデキないか、使えるか使えないかを見極める事が
企業のする仕事ではないのです。

そこで満足してるようでは、企業の成長はあり得ません。
ただ景気や需要に左右されるだけの
社会にとって特に必要のない
やがて衰退していくだけの企業に留まるでしょう。

企業のする仕事は、雇用の創出です。
その中で上手く人材を活用してこそ、企業の安定的成長が望めるわけですね。
そしたら今度は、人材の方から企業を活かしてくれるようになります。
人材が企業を支え、発展させてくれるのです。

つまり、仕事内容や事業内容そのものが重要なのではなく
人を活かせる企業こそ、社会に求められる、社会にとって必要な企業ですから
雇用の場を創出し、上手く人材を活用していく事によって
必然と経営基盤も強固なものになるんですね。

仕事を覚えてもらうなんて事は
雇われた側が最初にする事です。
企業のする仕事ではありません。

もちろん同時進行で、仕事を覚えてもらう事は必要ですし
詳細や細部まで、その人の全てを知る必要はありませんが
まずその人について、よく知る事をしてみてください。

企業がするのは、デキるかデキないかを見極めるのではなく
雇った人の中身を見極め、その人材を活かす事です。

京都カウンセリングラウンジでは
人材の見極め方や活かし方についても
心理学を用いた専門的な見地からサポートさせていただきます。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

汗をかけずに熱中症で倒れる人が急増中 ~汗をかく習慣が熱中症対策に~

現代人はなぜ汗をかこうとしないのでしょうか。すぐエアコン(冷房)に頼ろうとします。タイトルでは汗をか...

[ 健康・美容・ダイエット ]

人間関係の希薄化とネットコミュニケーションの功罪 ~再び豊かな心を取り戻すために~

メールやチャット、SNSなどインターネットでのコミュニケーションが普及してから特に対面における会話(意思疎通...

[ メンタル・ネットカルチャー ]

会話にもルールを設けて話すと、今までのコミュニケーションが劇的に変わる

皆さんはコミュニケーションの形ってどれも同じだと思ってますでしょうか?性格によって決まっていて、その中で...

[ 人間関係・コミュニケーション ]

過剰な紫外線対策こそ肌トラブル増加の要因に ~お肌の老化は紫外線によって決まるのではない~

5月から夏にかけては、1年の中でも特に紫外線が強い時期だとされ女性の方は肌トラブルを気にして、過剰なくらい...

[ 健康・美容・ダイエット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ