コラム

 公開日: 2013-07-09 

蚊があんなにしつこく襲って来るワケ ~蚊が私たちの窮地を救ってくれる~

この度私は、蚊の生態というのか
その習性について、新たに気づいた事があります。

研究・分析したわけではないので
ハッキリこうだとは言えませんが
もしかすると蚊は、組織戦術で襲って来るんじゃないでしょうか?

組織じゃなくて個体でも、蚊は複数回に分けて襲撃して来るんですね。

蚊は単体で、1回血を吸えばそれで終わり。
しばらく同じ蚊はやって来ないように思われるかもしれませんが
実はそうではなく、最初にあの、痒みの成分である唾液を注入して
感覚を麻痺させようと試みるんですね。

その時に血を吸うわけじゃないんです。

もし吸えるなら、同時に吸ってしまうのかもしれませんが
最初の一撃は唾液注入のため。
つまり、血を吸う事が目的なのではなく
2回目以降への布石を打ってるんですね。
そこで血を吸えなくてもいいわけです。

人は痒みによる感覚の麻痺で
蚊に接触されたんじゃないかと、そちらに意識が向きます。

ですが蚊は、何度かこの唾液の注入を試み
複数回繰り返し、成功してから、目的である血を吸うのです。

で、最初の先遣隊がやられても
唾液さえ注入しておけば
その後仲間が、血を吸いやすくなるというわけ。
自分としても、複数回に分けて血を吸いやすくなります。

自分さえ良ければで、その場限りのイチかバチかで血を吸いに来るのではなく
しっかりと戦略を立てて襲って来てるんですね。

血を吸うために針を刺すから
人が痛みを感じないよう、優しさで感覚を麻痺させてるわけではありません。
その部分に、蚊が居ますよと錯覚させるために(痒み=蚊の接触だと錯覚させるため)
感覚を麻痺させてるのです。

そしたら後は、他の部分の血を吸いやすくなりますよね。
自分も仲間も、一発勝負で挑むよりは
生存率もグンと高まるわけです。

本来は1回で済ませた方が、リスクが少ないように思いますが
あえて複数回に分ける事により(リスクの拡散と細分化)
逆に安全性が増すという事なんですね。

今回の私の推測が、正しいかどうかは別として
ただ蚊にやられっぱなしでイライラしてるだけじゃなく
このように蚊から見習い、そこから学ぶ事で
賢く生きる事が出来るようになります。
物事の本質は、正しいかどうかが重要なのではないんですね。

だから私はいつも、生き方を学びましょうと言ってるのです。

何も学ぼうとしない人は、ただ不平不満や不服を並べて
いつも文句を言ってるだけです。
いつまで経ってもしんどいのは、自分が何も学ばないから。

もちろん苦しい状況下で、何かを学ぼうなんて簡単に出来る事ではないですが
そしたら心理カウンセリングで、私がお手伝いいたしますと言ってるんですから
そのようにやってみる事は、やはり自分の意志次第ではないでしょうか。

私は自分は何もしたくないし
人が変えてくれるのを待ってる他力本願の人に対してまで
救いの手を差し伸べてあげられるような余裕は、自分にはありませんし
そもそも救ってあげようだなんて思って
心理カウンセリングをやってるのではありません。

厳しい事を言うようですが
やはり自分から挑戦してみるという事が、大切なんじゃないでしょうか。
何も自分に出来ない事を無理してまでやる事が、挑戦ではないのですから。

蚊にしても、人間からすればただの憎っくき存在でしかありませんが
蚊も生存するために、命懸けなんです。
自分が、種が生き延びるためには
頭を使い、戦略を立てて生存競争を勝ち残る。

これって人間も同じなんじゃないでしょうかね。
苦しい状況に甘えて何もしなければ
ただ苦しさを味わい続け、やがて死が訪れるだけです。

自分が快適に生きようと思うなら、賢く生きる努力が必要です。

蚊のように、命懸けで挑みましょう
変えていきましょうとまでは言いませんけども
例え蚊のような存在からでも、学べる事は沢山あるんだという事を
今回は知っていただきたかったんですね。

“生き方を学ぶ”

生き方を学んで、あなたも自分の人生を快適に生きてみませんか?
私が心理カウンセリングで、そのサポートをさせていただきますよ。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ