コラム

 公開日: 2013-07-25 

復興予算の使われ方に見る、人がイライラする心の原因

行動と思考、つまり、自分のやってる事と思ってる事が一致してない状態
これが心の苦しみを生み出すんですね。

例えば復興予算の問題でも
直接復興に結び付くような使われ方をされてるなら
誰も文句はないでしょう。

しかし現実には、およそ復興とは関係のないところに
復興予算(我々の税金)が使われてるから
不満や不服が出て来るんですね。
そんな事のために、頑張って税金を納めてるんじゃないんだと。

消費増税の問題でも
本当に経済回復、経済発展に繋がるなら
我々の暮らしが豊かになったり、納得できる使われ方をされるなら
スムーズに受け入れる事も出来るでしょう。

ですが復興予算のような前例があるから
ただ税金だけ引き上げて、どうせまともな使われ方はしないだろうと
それが不信感に繋がって、例え増税の必要性を頭でわかったとしても
なかなか受け入れられずに納得出来ないのです。

このように、やってる事と言ってる事(思ってる事)が一致してないから
自分の中で感情的な分離が起こってしまい
それが精神的な苦しみとなるのです。

復興予算も、本当に被災者や被災地のために使われてるなら
その税金の使い方に対して、不満に感じる事もないでしょう。

それでいて、他のところでも税金を上げようと言うんですから
そりゃ頭でわかってたとしても、心は納得出来ません。

自分の行動と思考、体と心が一致してる状態を
心理学では自己一致と言います。

つまり、この自己一致の状態こそが
健全な心の状態を作り出し、心の健康を保つわけです。

言ってる事とやってる事が一致してないと
先程の復興予算のように、心が納得しませんから
心の葛藤や矛盾が生じてしまい、心が不安定になってしまうのです。
自然ではない、不自然な状態に、自分の心の状態があるわけですからね。

何かこうしたい、こうなりたいと思うものがあるなら
頭の中で思ってるだけではなく、実際そのようにやって行く事。
思い通りになるかどうかは関係ありません。
自分の心と体を自己一致させる、その過程が重要なんですから。

もしやり方がわからないというなら
それはまだご自身の中に、明確な目標や目的がないからです。
漠然と、こうなればいいなぁとしか思ってないからなんですね。

目標や目的がハッキリしていれば
後はどうすればいいのかも自然に見えてきますし
自分はただ、その目標に向かって行動すればいいだけなんです。

復興予算であれば、復興のために使えばいいだけですし
目的は明らかですから、そこに何の問題も生じません。

消費増税であれば、ただ税金を引き上げるだけとしか
目的が曖昧でハッキリとしてないから
そんな事をされたら堪ったもんじゃないと反対されるんです。

目的をハッキリさせる事。
つまり言ってる事とやってる事を自己一致させる事で
心の不和は解消されるんですね。

そうして取り組んでいくと
不安定な心の状態も段々安定してくるようになりますので
人生そのものが豊かになっていきます。

これはぜひ、ご自身で体験して
実際にやってみて感じてくださいね。

悩みや問題そのものよりも、自分の心の状態を改善する事で
根本的な解決に繋がりやすくなりますよ。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

弱者の心理学 ~ルールという己の正義(正義感)と感情論~

ルールというのは単に決まり事だけではなく弱い者が自分を守るための盾、すなわち心の拠り所になるものだと言え...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

幸せに気づく、幸せを築く、『家庭入り女子』

女優の堀北さんが芸能界から引退して家庭入りされたようにかつては山口百恵さんや、他にもテレビ東京の紺野アナ...

[ 恋愛・結婚生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ