コラム

 公開日: 2013-08-01 

生活保護費の不正受給問題について

生活保護費の不正受給が社会問題になっています。

不正受給をする人自身の問題もありますが
このような社会問題になる原因は
そもそもこの制度自体が
不正受給者を生み出すような仕組みになってるからなんですね。

この問題は、人の心理に目を向ければ
どうしてこのような問題が起こるのかが見えてきます。

不正受給をしようとする人は
基本的に罪の意識、罪悪感があまりありません。

殺人のような犯罪とは違い
罪の意識が非常に薄いのです。

何かはっきりとした、大きな犯罪でもしようと思えば
犯行に及ぶ前に、罪の意識との葛藤がありますし
そこで罪悪感も生まれます。

しかし生活保護費の不正受給というのは
ほとんど罪の意識もないんですね。
例え悪い事だとは感じてたとしても
もしかしたら悪い事をしてるんじゃないか?してるかもしれない・・・
というくらいの認識でしかないのです。

自分が犯罪を犯すだなんて意識がないものですから
受給の条件さえ揃えば、簡単に権利を取得出来ますし
出来るからやるだけの事で
それが悪いだとか不正だなんて(心理的な部分では)思ってないわけです。

殺人などの大きな罪とは違い
それを行う事による罪悪感がないんですね。

ですから本人は、何も悪気があってやってるわけではないですし
出来るからそうしてるだけの認識でしかありません。

そういう、人の持つ心理に対して
マナーやモラルに訴えかけようとしても無意味であり
自分が困窮してるのに、どうにか工夫してやりくりしようと試みるのは
人の自然な心理なんですね。
(だからといって、不正受給を正当化しようという意図はありません)

つまり、生活保護費の受給の条件が
不正受給者を生み出すような仕組みになってるからであり
不正受給という行為は、人が生きていくための
生活するための工夫の一環に過ぎないというわけです。
何も不正受給者が、人間的に不正なのでもなんでもありません。

そしたらこの問題はどうすればいいのかは明確で
制度自体を改めればいいんですね。
本当に必要な人だけが利用できるような制度に、改正すればいいのです。
不正受給者を取り締まり続けたところで、何も問題は解決しません。

不正という言葉を使うから
不正受給者を悪者のように扱ってしまうかもしれませんが
果たして自分が同じような立場ならどうでしょうか?

学校教育の現場でたびたび問題になっている
モンスターペアレントなんかの問題でも
結局はこれと同じ、人の心理が起こす現象です。

本人は、自分が問題を起こしてるだなんて思ってないのですから。
それをする事による、罪悪感もありません。

不正受給者を責めたり取り締まるのではなく
不正受給者を生み出すような、制度の仕組みそのものを
見直すべきではないでしょうか。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ