コラム

 公開日: 2013-08-03 

うつ病や自閉症スペクトラムなど、精神疾患に対する社会的な取り組みと理解

うつ病や自閉症などの精神疾患について
病気であったり、病気だから治療するものだという認識が
広く一般的にあると思います。

私はこの認識に対して、否定するつもりはないですが
異論というのか、疑問はあります。

というのも、もしこれらの精神疾患を病気だとし
治療するようなものなら
性同一性障害なんかはどう説明するのでしょうか?

近年は、いわゆるオネエと呼ばれる方たちが活躍し
今やちょっとしたブームのようにもなっています。

必ずしも、オネエ=性同一性障害ではありませんが
性同一性障害も、いわゆる精神疾患だと言えるのではないですか?
そしたら本来は(精神疾患を病気だと定義するなら)、
治療して治さなければならない病気です。

しかしご本人たちは、もちろん生きる上での心の苦しみはあっても
自分は病気だから、元の身体(持って生まれた生物学的な性)に
戻してくれ、治してくれとは思ってらっしゃいません。
むしろ心の性に、身体の方を戻すように望まれてるんですね。

ですが健常者からすれば、性同一性障害も精神疾患ですから
生物学上の性に戻さなければいけませんし
病気なんだから治さなければいけないんです。
なのに本人はそれを希望されてない。
精神疾患は病気なのにですよ?

大きな矛盾ですよね。

精神疾患が病気であるというなら、この矛盾は説明がつきません。
そしたら何を持って健常者、精神疾患者と分けられるのでしょうか。
分けたとしても、精神疾患は病気だから、治さないといけないものなんでしょうか。

何か感染症でも患ってるならまだしも
うつ病や自閉症・発達障害などの、いわゆる精神疾患者個人を
病人として扱い治療するのではなく
そういった方たちを、社会が受け入れていくような体制作りこそ
必要なのではないでしょうか?

治療行為ではなく、上手く社会に適応していけるような
教育プログラムといったサポート体制の構築は必要だと思いますが
精神疾患者だからといって病人扱いし、治療という名目のもと
社会という決まった枠組みの中にハメ込むような行為や考え方こそ
改めていく必要があるのではないかと私は考えます。

もちろん、サポート(あくまで補助的なもの)としての治療は
行なっていく必要があると思いますが
結局社会の偏見や受け入れ体制が整ってなければ
せっかく症状が改善されても
それが元で、また同じ疾患を発症してしまうからです。

そもそもうつ病発症のメカニズムは
脳機能や遺伝的要素も関係するかもしれませんが
やはり大きな原因は、社会的な環境要因が占めてるのではないでしょうか。

オネエと呼ばれる方たちが現在こうして活躍されてるのも
社会が広く、オネエという存在を受け入れたから
メディアなどの表舞台に出て来て、親しまれてるのではないでしょうか。

また、性同一性障害の方たちにとっても
偏見や抵抗感も減り、ほんの少しですが、理解が進んだようにも感じます。
まだまだ完全になくなったとは言えませんけどね。

このように、精神疾患であっても本人の努力は必要ですが
精神疾患だからといって治すべきものとして扱うのではなく
社会的なサポート体制や取り組み、受け入れ体制(理解・認知)こそが
今の社会にまず必要な支援ではないかと考えます。

実際社会として出来る事があるんですから
精神疾患者個人だけに目を向けた、個人単位での治療ではなく
社会という大きな枠組での認識、あるいは構造といったものを変えて行かないと
対処療法的に一人ひとりに向き合っていたのでは
いつまで経っても手に負えないどころか
根本的な問題の解決には至らないと思うんですね。

これで解決!というような問題ではないですが
私はそのお手伝いとして、心理カウンセリングが一助となれるよう
これからも努力してまいります。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ