プロTOP:井上博文プロのご紹介

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(2/3)

大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」の授業風景

生徒の能力を引き出し、大学院で活躍きる人材を育成

 井上さんは家庭教師、塾講師、教材の販売員など、教育にかかわる仕事をたくさん経験してきたそう。そして、教師として勉強を教えた生徒は小学生1年生から70歳まで。まさに教育のスペシャリストと呼ぶにふさわしい経歴を誇ります。現在は英語と論理的思考を学ぶ必修科目を担当。必修科目では論理的思考をはじめ、情報・コミュニケーションに関する知識、そして志望理由の考え方や集団討論の練習などの面接対策を指導しています。 

 井上さんが指導面で大切にしているのは「生徒の能力を引き出すこと」。「大事なのは合格してからですので、生徒が何をしたいのか、潜在的なものも含め引き出して気付かせてあげることが最大の役目だと思っています」。授業以外でも研究計画の打ち合わせを行ったり、英語の読み合わせを行ったりと、井上さんに相談する生徒が列をなすのだとか。「漠然とでも興味のあることがわかっているのなら、疑問を感じる部分を聞いてそこを調べる方法論を提示します。何か外せないキーワードを一つでも挙げてもらえれば、具現化できるようにお手伝いします」。以前、「いじめ」について研究したいと言ってきた生徒がいたそうですが、井上さんは日本全国の教育委員会へいじめの実態や取り組みについて電話調査することを勧めたそう。このように実践型の指導を通して生徒の能力を余すことなく引き出すことが、井上さんの真骨頂です。これまで8年間で育てた生徒は約250人。それぞれが方向性を見つけ出して活躍していると、うれしそうに語ってくれました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 大学院・大学編入を目指すなら、何歳から勉強を始めても遅くはありません

最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

まずは英語の勉強からしてきなさい

医療看護系の大学院を受験しようと、習いたい先生の研究室を訪問すると、このようなことを言われる人は多いと思い...

[ 英語の勉強方法 ]

ブレイク:「九州男児 漢(おとこ)」
イメージ

申し訳ないくらい関係ないことを書きます。九州男児 漢(おとこ)とは何でしょうか?これはプリンです。ある生徒さ...

[ 雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

井上博文のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は井上博文さんが更新している外部メディアサイトです。

google-plus
Google+
ページの先頭へ