コラム

 公開日: 2014-01-27 

日本の塾文化

この国では、塾がエリートを育てているという記事を読みました。
私たち塾業界にある人間にとっては、ありがたい言葉です。
筆者が言うように教育論は、言ったもの勝ちの要素があって、
プロ野球のオヤジ評論家のごとく、テキトーなことを
誰でも言うことができます。

だからこそ、教育論は簡単に対立することもあるため、
混乱しやすい側面があります。今年でゆとり世代が
終わりますが、いわゆるゆとりの不安は、大人ではなく、
当事者である学生を直撃しているようです。
今年浪人すると、来年からは、脱ゆとり世代と争わねば
ならないという不安がすでに蔓延しており、今年の受験生は
難関に挑まず、安全志向なのだそうです。

ゆとりの本当の被害者は子どもだという典型例ですが、
実はゆとりだけの問題ではなく、「上の大学」「下の大学」
という区分けは、予備校の策略であることが、数十年続く
日本における教育の最大の問題です。

今月の『中央公論』では大学のランキング分けに対する苦言が
たくさん指摘されていました。
中学になると、皆が塾に行き、学校の補完をする、そして
高校になると、予備校に行き、少しでも偏差値が上の大学を目指し、
偏差値の高い学校に「入ったら」エリート・・・・

何か違わないか?

こんな違和感を持つ人は増えていると思います。
一昔前までは、それは
「偏差値が高い大学に行けなかった奴の負け惜しみ」
と言われることも多々ありましたが、その時代は終わりました。
今は、言葉は悪いですが、偏差値が低くとも、私立有名大学に
入ることは容易です。当塾に来る有名大学の学生の大半は、
「私はエスカレーターで上がったので受験していません」
「私はAOで入ったので受験経験がありません」
こういったことを言われます。
私は、大学受験をしているか、否かは大学院受験には
関係がないということを伝えています。

日本の教育は、この記事の筆者によれば、政治の教育における迷走を
全国5万ある塾が補ってくれるということです。これを「ハイブリッド教育」
と言っていますが、それは一理あるかと思います。
公教育の迷走ぶりは、目に余ります。
日本には、様々な理念を持って教育をしようという機運が昔からあります。
それだけ国が迷走しやすいのかもしれませんが、個人の理念を具現化した
教育を許す環境もあるという、よく見ると面白い独特の塾文化があります。

しかし、この数十年、大学受験を席巻してきたのは、ただ、偏差値という
ポイントゲームのテクニックを教える大手予備校であって、どの予備校でも
それほど理念に違いがあるとは思えない状況です。もはや大学の受験問題まで
予備校が作っており、大学の理念や考え方が大学受験に反映しない
時代になってしまいました。

理念ある塾の教育には今後も期待できると、私は考えているのですが、
理念なき、ポイントゲームの練習予備校は、少子化のあおりを受けて
いよいよ不安が高まってきています。すでに有力予備校は大学経営に
入り込み、予備校と大学の密着度を高めることが、互いの生き残りと
考えているようですが、これは大きな間違いでしょう。

「民間教育システムの存在は、この国最大のセーフティネットである」
と筆者は言います。私もこのように言いたいところですが、
これは理念ある民間教育システムに限られると思います。
古くは空海の綜芸種智院に始まり、日本にはこのような
民間教育が平安時代からありました。
このような民間教育に共通する考え方があります。それは、時の公教育に
疑問があり、そこで育ったエリートになお疑問が生じたところか始まり、
公教育とは別に幅広く誰でも学べる環境を作り、そこから優れた人材を
輩出して、国や郷土にとって有為な人材を育てようというものです。

私はこれが日本の塾文化だと考えています。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ