コラム

 公開日: 2014-04-11 

研究者は資料が物語る事実を考察して述べるのが仕事です

STAP細胞問題がどんどん大きくなってきました。これからもっと大きくなりそうです。
個人的な感想ですが、小保方晴子氏のあの記者会見はいかがなものかと思いました。
STAP細胞の証明をすることを目的に出てきたのではなく、テレビ等のメディアを駆使して、
「悪意のある捏造ではない」
という主張を土台にして
「ゆえにSTAP細胞は事実である」
と力ずくで理屈を乗せ、
「根拠は出せない」
という理論の屋台骨と見受けました。理研の先の発表で悪意のある捏造と言われたことに
対する防御と言えばそうなるかもしれません。しかしこういった理論展開をしてしまうと
彼女の本来やるべき仕事、はSTAP細胞の存在の有無を争い、何とかしてそれが存在する
ことを証明するという作業のはずでしたが、会見内容をみる限り、その仕事を
放棄していることになります。彼女が主張した重要ポイント、つまり論点は
そこではなく、彼女が悪意を持っていたか否かということになります。
これは、裁判を意識した発言です。おそらく裁判になったら記者会見での発言も
証拠として提出するでしょうし、そういった論点の裁判をするという意思表明なのでしょう。
(そりゃ裁判では間違いなく「悪意はなかった」と主張するでしょう)
これをやってしまうと、少なくとも同業の科学者からは賛同は得られないでしょうし、
余計に批判にさらされるだけでしょうし、さらに今回の発言から読み取れる事実を
「科学的」に検証されることになり、それが小保方氏を有利に導くとは思えません。
ただ、裁判では、理研側は小保方氏の「悪意」を証明しなければならなくなりました。
これは難儀な証明です。よほどのことがない限り無理です。ただでさえ証拠を
残していない人のようですから。しかし理研側はそれに失敗すると、複数の裁判で
敗訴する可能性があります。その意味では小保方氏に有利に導くための会見だった
ということになります。彼女にとってあのリスク満載の会見は、一手で理研を
裁判的には窮地に落とし込んだとみることもできます。自分も科学者として窮地に
立つ代わりに理研も窮地に立つという、なんとも不毛な争いに展開してしまいました。
科学者がこんな何も生み出さないことをするのは、いかがなものかと考えています。

私は、とりわけこの時期の必修の授業で、
「一度この世界に入ったら、科学を手放さないでください」
ということを毎回のように言います。このコラムにもこの点についてはよく言っています。
「資料に物語らせる2010年11月18日」
「資料に物語らせる」
同じ題目で二つ書いていますが、今、ここで言う科学とは、資料が物語る事実を
証拠とし、その証拠に基づいて論を立てることです。事実がすべてなのです。
おそらくこれはどんな学問でも同じです。医学、生物学などの理系分野であろうと
仏教学、歴史学、文学、哲学など文系分野、心理学、経済学など、両方を併せ持つ分野と
たくさんの学問分野がありますが、これは学問の共通認識と言えると思います。
この姿勢を崩すと、「超能力」「宇宙人」「陰謀」といった科学もどきになります。
これに染まってしまった人は、「悪魔の証明」といわれる「ないことを証明せよ」
という主張を展開し始めます。これを言いだした人はもはや科学者ではないと
私は考えています。私の言い方では科学を手放した人です。
STAP細胞は世界中の一流の科学者の目にさらされているものですので、
悪魔の証明にもつれ込むことはないと思いますが、もしこれに持ち込もうと
しているならば、あまりにも残念です。STAP細胞が、宇宙人やツチノコと同じ理屈だったと
するならば、あまりにも残念です。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ