コラム

 公開日: 2014-06-24 

生徒が自分を学問の枠にはめられるように指導する

「大学がもし100人の村だったら」という記事を見ました。
4分の1が留年か中退になるそうです。
最近、通信制高校の先生をしておられる方と
お話させていただく機会がありましたが、
いつの時代も十代半ばは複雑です。
その先生も口には出しませんでしたが、苦労がにじみ出ている印象を受けました。

しかし、単に十代が複雑なだけではなく、社会が多様化しすぎて、
かつ情報も氾濫しすぎていて、子どもにはかなり生きにくい社会に
なっていることも原因にあげられると考えられます。
既存の学校システムでは、立ち行かない状況も多々見られます。
もっと少人数で、教員を増やし、かつ余計な雑務を減らすか、
シェアリングし、かつ親も学校に丸投げするのではなく、かつ
モンスター化しないように自制しつつ、かつ学校の教員も、理性的な行動をとり・・・・
もう、どうすればいいのか、よくなるのかわかりません。

私たちは大学生を対象にすることが多いですが、当塾に来られる学生の方は
基本的には目的意識はありますので、「何がしたい?」と問われても、
それほど苦痛感を示す人はいません。
しかし、大学では、自分のいる学科の専門の勉強でさえ、苦痛に感じる学生は
少なからずいます。先生からしてみれば、建前上とはいえども、
「自分で選んで入ったのだから」という思いはあると思いますが、とりわけ
「何でこんなことをしないといけないのかがわからない」
と言い放ててしまえる学生には、それは通じません。

当塾では、徹底して、何がしたいのかということを私との面談の中で突き詰めます。
当然時間がかかります。この時期になると、だいたい最後まで待ってくれている人との話が
終わるのは夜中12時過ぎています。こちらとしても10時間以上、休憩なしで、
並んでいる人の話を聞き続けて、それを毎日繰り返して、やっと本来やりたいことに
深く迫れるというのが、むしろ通常だと思います。
これは、やはり、研究についても情報が多すぎて、それを消化することが
簡単にできる作業ではないということもあります。私たちの学生時代と比べても
作業が複雑な上に、量もかなり増えました。

以前このコラムで書きましたが、
とりわけ学生の方々は、「こんなこと(勉強)をして何の役にたつ?」
という傾向が強くなっていると思います。もちろん私たちの時代にもたくさんいましたが、
私たちの世代は、「役にたたない、故にやめる」という選択肢は一般的ではありませんでした。

もともと「役にたつ勉強」などそもそも存在しません。そんなものがあるという
幻想を誰かが与えているとするならばそれは大問題です。大事なことは
「学んだことを生きていく上でどう役立てるのか」
です。あるいは
「○○を学ぶにあたって、今まで学んできた◇◇をどう役立てるのか」
という問いかけとアイディアです。それには、まず自分を
学問の枠にはめてみてから、あとのことを考えるという姿勢が必要になります。
その上で、自分の本来興味あることに迫れると、どんどん面白くなり、
誰かに言われなくても、どんどん論文を見つけてきて、
「先生、こんな論文どうですか?」
と、言いながら、こちらが指示していない論文を自ら発見して持ってきてくれたり、
友人間で論文を見せ合いしながら、自分のやりたいことを
伝えあっているという光景が、今、当塾の中で見られます。
ここまでたどり着くと、もったいなくて、「やめる」などという考えは
頭をかすめることもないと思います。彼らが今抱える不安は、
期日までに最高のものに仕上げられるかどうかだけであって、
「何がしたいか」、あるいは、「やめるかどうか」
そんな問いかけ自体、なくなっています。
私たち教員が確実にすべきことは、この状態になるまで、一緒に考えることです。
これを指導というのであって、うまくリードする技術が必要になります。


****************************

6月28日セミナー:今臨床心理士を目指す3つのメリット
公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

看護の小論文で問われやすい問題
イメージ

京都コムニタスは社会人の看護学校受験を手がけていますが、よく小論文が出題されます。看護系小論文の出題パター...

[ 社会人の看護学校受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ