コラム

 公開日: 2014-06-14 

研究不正と組織解体

STAP細胞問題はどんどん大きくなっています。
とうとう組織解体提言にまで
発展してしまいました。当事者もここまで大きな問題になるとは
考えていなかったのではないかと想像します。
こういった不正や不正と認定される行為自体許されざるものです
今回の件は「世界三大不正の一つ」という認識もあるようですから
決して軽い事柄ではありません。

しかし、組織解体というのは厳しすぎるのではないのかというのが
素朴な疑問です。
通常なら、不正を行った人物とその直属上司、重くても組織の長が
解任されるくらいで、組織解体というのはかなり厳しいでしょう。

これはやはり「税金」を使っているというある種の後ろめたさと、
「国民感情への配慮」が背後にあるのでしょう。
税金絡みで組織を解体するなら、とっくの昔にこの世から消え去っている
省庁などたくさんあると思うのですが、研究者というのは、想像以上に
立場が弱いのでしょう。いっそのこと「研究省」でもできれば
本当の意味での「改革」ができると思います。「宇宙庁」よりは
名案だと思うのですがいかがなものでしょうか?

私はこの「改革委員会」というものにも強い違和感を感じます。
実は目的が不明瞭で、改革という言葉自体が漠然としており、
「悪」をただして「正義」を行う結論ありきの使命感のようなもの
はあるのでしょうが、目線が「国民の皆様」であり、その国民の
「代弁者らしき」メディアに向いているということが問題です。
組織解体など、一般企業感覚ではとんでもないことで、
改革委員会とやらが立ち上がるような出来事があったとしても
簡単に解体など言えるはずもありません。不正などしていない
大多数の社員が巻き添えをくうことが正しいことではないからです。
不正をする側も、改革する側も浮世離れしており、結局、一般人の
苦労とはかけ離れた親方日の丸目線であり、彼らが言う国民の皆様の
目線とはかけ離れてしまっています。
嫌な上から目線です。
庶民の苦労など頭の先にもよぎったことなどないのでしょう。

改革などそう簡単にできるものではなく、大概は犠牲者がでます。
時の王であったり、首謀者であったり、敵、悪、そういったものが
倒されることが改革とされます。
この場合、誰を悪人に仕立てあげれば誰が満足するのでしょう?
今必要なことは、意味不明な改革ではなく、不必要な犠牲者への
思いやりです。ただ不正者の首をとっても、余計に殺伐とするだけで、
さらに不正を生む環境を作るだけでしょう。若手研究者を
今以上に追い込むことが改革ならば、やめておくのが無難でしょう 。
若手研究者を萎縮させるどころか、ただでさえネガティブに
語れる若手研究者にさらなる失望を与えるだけでしょう。

一方で、若手の研究者も自由な研究環境を自分で生み出す
バイタリティが必要な時期にきていると思います。
本来、研究というものは金銭では測定できない価値を持つため、
金に振り回されないように公共が金をだすということは
当然のことです。しかし、公共から金を引き出すことが目的化
してしまうという本末転倒がSTAP問題を生み出した大きな
要因であることは疑いありません。
最近は宇宙事業でも、あるいは下町ボブスレーでも、民間が
お金と技術を出しあって、新しいものを生み出す動きが活発化
しつつあります。税金が湯水のように使える一部の人間の
保身に振り回されるのではなく、自分たちで金を獲得する術を
手に入れて、自由な研究ができる環境を作ることができる
ような改革がなされることを期待します。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
[[龍谷ミュージアム http://museum.ryukoku.ac.jp/index.php

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ