コラム

 公開日: 2014-07-22 

適者生存2

前回の続きになりますが、内容は変わります。
この記事に私は共感しています。
ちょっと塾業界を軽く見ている感じが好ましくありませんが。
それ以外は、これからの社会で生きていくための方法を示唆してくれていると言えます。
研究者の世界に限らず、もはやこの世に「安泰」と呼べるポジションはそうはないと思われます。
そもそも終身雇用など崩壊して久しいですし、非正規雇用者を増やしすぎたことによる慢性的
人材不足に拍車がかかっています。企業に人生を捧げて、忠誠を尽くそうという人が
いなくなってきたということです。そりゃそうです。大切にしてくれないとわかっているところに誰も
自分の人生など捧げないでしょう。しかし、その分より世知辛くなり、企業と個人の関係は
よりドライになっています。

私は塾業界で長く生きてきました。何とか生きていますので、結果的に適応してきたということに
なると思います。この業界は、20年前から、非正規雇用者で成立していました。
だから、私もいろいろな予備校や塾を経験してきました。この業界は、腕一本の職人世界です。
ダメなら一日で切られることも全く珍しいことではありません。人権とか労働者の権利なんてのは
寝言です。その分、自由もきくので、自分のやりたいこともできます。研究もできます。
より良い条件での引き抜きがあれば、ホイホイ行くこともできます。この軽やかさが好きな面も
ありました。
つまり、私が自己分析したところの適者性は、腕一本で、保障不要、その分拘束も不要
それなりの(割の良い)収入、移動の自由、研究の自由の確保。他にもありますが
こういった能力とは別の部分を獲得したり、守ったりすることが、適者になることだと
考えていました。

いわゆる高学歴ワーキングプアに私が共感できないのは、適者生存の観点の欠落を
感じるからです。大学教授になりたいということと、研究者になりたいということは
イコールではありません。大学教授になろうと思っても、今のご時世そう簡単になれる
ものではありません。弁護士、医師は資格名ですが、大学教授は職業名です。
博士は資格名ですから、それを活かして開業することは可能です。
どうもそのあたりの勘違いがあるのではないかと想像してしまいます。
博士という免許証を取って、それを元手に適者になるにはどうすれば良いかは
博士を取る前から考えておかねばなりません。もちろん、車の免許証も
「挑戦」として取る人もいますので、目標はそれぞれの考え方に帰属しますが、
生存手段として考えるならば、やはり、博士取得までのプロセスと、取得後の
ことはあらかじめ考えておく必要があるでしょう。

教育産業で生きていくには、基本的に腕一本の職人世界ですから、
その世界で生きていくと決めた日から、適者生存を考えておかねばなりません。
プロ野球の選手でも、甲子園優勝投手が、プロに入ってすぐに野手に転向する例は
むしろ多いくらいです。高校ではホームランバッターだった選手が、いつの間にか
俊足好守の選手になっていることもよくあることです。器用に何でもこなせるか、
不器用だけれど、一つのことだけ優れているか、いずれが生き残るかは、結果論ですので、
なんとも言えません。でもそのスリルも、こういったプロの世界の醍醐味であるはずです。
生き残る人間を見て、「あいつは運がよかった」「俺の方が実力があるのに」
などと言っている人は、もはや適者生存から漏れてしまった人でしょう。
他人のことをとやかく言う前に、自分の適者としての適性を見抜き、合っているか
間違っているかはわからないけれど、とりあえず、自分の見込んだ才能に賭けてみる
ところから始めて、生命補助装置も作っておく。いろいろな意見はあると思いますが、
これが私なりの適者生存なのではないのかなと思っています。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ