コラム

 公開日: 2014-08-13 

大学卒業認定厳しく?

日経新聞の記事です
    入りにくく、出やすい」といわれる日本の大学の現状を改め、
    卒業認定を厳格にするため、政府の教育再生実行会議は29日、
    国から大学への助成制度を見直すよう提言する方針を固めた。
    学生数が定員を大きく上回った大学は助成を受けられないという
    現行のルールを撤廃または緩和。成績の悪い学生を留年させても
    大学が不利にならないようにして、卒業生の質の向上を狙う。

国というのは、大学教育を一体どうしたいのかが、全く見えません。
定員と助成金の関係という構造がそもそも歪んでいるのに、
なぜか、学生の卒業認定を厳しくするかどうかという方向に話が展開する。
まず議論すべきは、助成金と定員の関係です。国という名の役所の言うことを
聞かないと助成金を減らす、ないしは無くすという脅迫に、大学が屈し続けているため
こういったこと現象が起こるのだと思います。
国が教育に金を出すのは当たり前のことです。出さない方がおかしいはずです。
だから、金を出したからと言って、その札束に条件をつけること自体、そもそも
間違った話のはずです。

    同会議は、現行制度では各大学は、助成が減額されるのを避けるため、
    学生を留年させることをためらう傾向にあるとみている。成績評価や卒業認定を
    厳格にするには、定員を超えても助成を減らさないようにする必要があると判断した。

この上から目線がいかにも・・・といった感じですが、定員と助成金にどんな因果関係が
あるのかがそもそも見えないところに問題があり、「改善」を考えるなら、まずここからでしょう。
この視点がずれているから、
    大学関係者の間には、減額の仕組みを完全に撤廃すると、
     「授業料収入目当てで定員を大幅に上回る学生を入学させる大学が出るのでは」
    と危惧する声もある。

という的外れな議論が生じるわけです。じゃあ、今、多くの大学が定員割れをおこしていることは
どう説明するという点には、目が向けられないようです。定員を誰が決めるかという問題も重要の
はずですが、あまり興味がないようです。

    大学の教育の質を第三者機関が点検したり、大学が情報公開を充実したりする
    仕組みも必要で、中教審は慎重な議論が求められる。

これも漠然としていて、質をどうやって判断するのかの指標など作ることが可能だとは思えませんし、
助成金ありきの指標など作るべきではないはずです。どうも親方日の丸的発想に見えてしまいます。
国という名のお役所のお役人様は、頭の良い方々が多いと耳にしますが、
どうも大学に関連する議論については、生の大学を見ることもせず、書類だけしか見ずに
議論しようとしているように見えます。生の大学の生の学生を見て、話を聞いて、
情報収集してから議論すべきでしょう。お偉方になると、議論の基本中の基本の
情報収集さえできなくなるのでしょうか。大学を支える最大の母体は学生です。
これは間違いのない事実です。これを完全に無視した議論が生じること自体
あってはならないことです。
とてもお偉いお役人様の方々は、まず学生の声、教員の声を聞きましょう。
頭の良い人なのでしょうから、そのくらいできるでしょう。大学なんてたった700程度しかない
わけですから、彼らの処理能力なら、あっという間にそれくらいこなしてくれるはずです。
あとは次世代を担う若者たちへの思いやりを、ほんの少し持つだけでいいのではないかと思います。
是非期待したいものです。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ