コラム

 公開日: 2015-01-24 

科学者は事実を究明する者です

2014年は私個人にとっても「科学者」「研究者」とは何か
ということを考えさせられる年でした。もちろん、それまでも
常に考えてきましたが、それ以上に研究者を名乗る人間が
嘘をついたり、ねつ造をしたりするという現象がたくさん
クローズアップされたことも大きな要因です。
STAP細胞問題が2014年の研究業界における最大の問題で
あったことは間違いありません。もちろん、私は専門外ですので、
専門家の分析を時系列に何度も追いかけるしか、真相を知る術は
ありません。しかし、多くの人が、様々な角度から、何度も検証した結果
STAP細胞はねつ造であることが、ほぼ確定的になりました。
これは非常に残念なことです。しかし、この問題について、どれほど多くの
人がかかわって、トップ研究者が一人、自ら命を絶つという痛ましいことに
連なってしまいました。これからも刑事告訴や民事訴訟が起こることが
予想されています。
研究者が嘘をつくということは、これほどに重いことなのです。
こういった事件を見て、多くの研究者は、反省をしたり
(ごめんなさいの反省ではありません)、危機意識を持ったと思います。

いずれにしても、これは、研究者個人が事実を追求することが基本的な
仕事であるからこそ起こりうることです。例えば食品会社が、問題を起こしたとしても
(歯が入っているなど)、
それはその会社の問題で、誰の歯であるかはあまり問題になっていませんし、
食品産業全体の問題には波及していません。
だから、他の会社で歯が入っていたとしても、自分の会社では起こり得ないことと
考えるのが通常です。自分の会社の生産ラインを止めて、不備がないかどうかを
検証することは、余程のことがないとないと考えられます。
(本当はあった方がいいのかもしれませんが)
研究者は、基本的には個人がするものです。この問題は、先日のノーベル賞受賞者の方にも
あったことですが、基本的な責任は、論文に名前が掲載された人に帰属します。
大学など所属先に責任が及ぶことはあまりありません。国立の組織などは
税金で運営されているため、組織への風当たりは強くなりますが、それでも
今回の小保方氏のように個人を切り捨てることで解決が図れるのです。
最近は共著になることも多く、責任の分散はありますが、それでも責任の大きさは
この一年の経緯を見れば明らかです。

しかし、2014年は、嘘をつくこと、ねつ造をすることは、これほどに重いのにもかかわらず、
研究者を名乗る人間が平気で嘘をつき、証拠をねつ造するという事件に
私自身が巻き込まれてしまいました。私は、なんとなくですが、研究者を名乗る人に
こういったことをする人はいないと考えていました。研究者性善説をどこかで
信じていました。しかし、結局は個人の問題であるし、そういうことができてしまう人間がいる
ということをまざまざと見せつけられました。
研究者は多くの場合、口が達者ですので、いろいろ言います。
ねつ造が白日にさらされ、言い逃れできなくなると、論点を「間違い」に切り替えます。
こうなると他人を巻き込みます。なぜなら「自分が間違った根拠」が必要になり、
それは得てして、「自分の関知しないところで生じた根拠」だからです。
「誰かの出した杜撰な証拠を、不用意にも信じてしまったがために間違えてしまった私」
を描き出さねばならないのです。こうやって自分のついた嘘に他人を巻き込み、
さらに問題を大きくして、さらなる被害者を出すのです。
嘘をついた研究者は、自分一人で全責任を負う。これが研究者の基本的姿勢です。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ